アラフォーの美人人妻がPCMAXでセフレ漁りをしていた驚愕の理由!【旦那の浮気・復讐・体験談】

お気に入りに入れる

官能小説


まるで官能小説のような話

が実際にあるものだ。だからPCMAX遊びは止められない。「いい女を抱くのに男の顔は関係ない!」とブサメン悪人顔の管理人がいくら言ってもなかなか信じてもらえない。

ネットに公開できないハメ撮りした写真を見せてもまだ半信半疑、中高年は長年に渡り、ネガティブな情報に脳内汚染されているので、道が開けないな。

実際、PCMAXは正しい手順を覚えて、適切な行動をすれば、誰だっていい女は抱ける。見た目やスペックは関係ない。

管理人は足が不自由な身障者だ。顔も恐いし、チビでデブだ。あんたが管理人と同じことが出来ないわけはない。

美味しい思いをしたいなら、思い込みを捨てて、やるか、やらないかだけだ。

アラフォー美人妻がPCMAXでセフレ漁りをしていた理由

アラフォーの美人人妻


キョンキョン似?

つい最近、PCMAXで運のいいことに小泉今日子似のアラフォーの美人人妻と会った。そのアラフォーの美人人妻に聞いてみた。

「あなたみたいな美人がなんでPCMAXでセフレなんか募集していたんですか?」PCMAXにいた理由を聞いて管理人、身につまされた。

「旦那の姉が原因で主人と離婚することになったから。最初は当てつけで浮気しようと思ったんです、でも今は自分の楽しみでやってます」とのこと。

義理の姉が原因でセックスレス?当てつけでPCMAXでセフレ探し?他人が興味本位で聞く話ではないと思ったが、美穂さんのほうから事情を話だした。

義理の姉の嫌がらせに耐えられない!あり得ないアラフォーの美人人妻の結婚生活

美穂さん(仮名)は滋賀県彦根市出身、地元の私大を卒業後、大阪の商社に就職。
26歳で同じ会社の神戸出身の年上上司と結婚し、寿退社後、専業主婦に。

趣味が同じ登山で気が合い、六甲山などに登って夫婦仲良くやっていたそうです。そんな新婚生活を送っていた、とある頃、旦那の6歳上の姉が家に遊びに来るようになり、美穂さんをいびり出したそうだ。

「美穂さん、赤ちゃんはまだなの?」
「清明(旦那)の好きなものを食べさせてる?」
「たまには実家にも顔出さないとだめじゃない!」
「専業主婦で楽してるんだから、姑の面倒もみてよ!」

などと重箱の隅を楊枝でほじくるような小言をくるたびに聞かされ、ノイローゼになりそうだったと言う。その後も義理の姉の訪問と小言は絶えず、我慢を重ねていたそうだ。

しかし遂に我慢が限界を超え、姉の住まいから遠い場所へ引っ越しを計画したそうだが、
旦那が実家から遠いところは嫌だと言い出し、引っ越しは中止に。

家でも夫婦喧嘩が絶えないようになり、夜の営みも遠のいていき、遂にセックスレスに。
その頃から、アルコールを飲みだしたそうで、当時もう立派なアル中予備軍。

現在は離婚調停中で市内のマンションで一人暮らしをしているとのこと。

アラフォーの美人人妻がPCMAXを使いだした聞くもおぞましいキッカケ。

近親相姦


信じられない光景!

絶えぬ夫婦喧嘩とセックスレス、一番の悩みの種である義理の姉のいびりで別居を決意した美穂さんは、家を出て大阪市内に部屋を借り、夫とは離婚を考える毎日を送っていたそうだ。

そんな、ある日、元の家に大事な物を忘れてきたことに気づいた美穂さんは、スペアキーで
忘れ物を取りに行ったのだが、鍵が交換されていて家に入れなかったそうだ。

仕方なく、裏庭に回り、縁側の窓を開けようとしたら、人の声が。旦那とお客さんが中でしゃべっているようで、美穂さんが入るのを迷っていると、こんな話が聞こえてきたそうだ。

「清ちゃん、美穂さんとはどうなってるの?」
「えっ、どうしようか迷ってるんだよ、離婚なんかしたら仲人の上司にね…」
「ねぇ、私とはどうするつもりなの?」
「どうって、今まで通りだよ」
「ねぇ、もっと頻繁に会いたいわ」
「美穂とハッキリするまでは、そうもいかないよ」
「ねぇっ、我慢できない、今すぐ抱いてっ」

義理の姉の声だった。

美穂さんは目の前が真っ暗になったそうだ。近親相姦の現場を目撃した瞬間だ。

それからの美穂さんは、浴びるほど酒を飲みだし、気が付けばアルコール中毒に。
復讐心から自暴自棄になり、酒場で見知らぬ男に体を預けることも。

男漁りが止めれなくなった美穂さんは、いつしか男の調達が楽な出会い系のPCMAXへ。
SEXが目的の男と分かっていても、熱いメッセージが来ると女としての喜びを感じたそうだ。。

気が付けばスマホのPCMAXからのお知らせメールが気になる始末。もう完全に”PCMAX依存症”になっていたのだ。

美穂さんは言う。

「PCMAXってあと腐れない男と遊べるから、私みたいな女には便利ですよね。」
「PCMAXなら既婚者も多いし、お互いに秘密は守れるでしょ」
「気が向いた時にすぐに相手を探せるのが、PCMAXのいいところですよね」
「そんなに相手は選びませんよ、ごめんなさい、変な意味じゃなくて、最初のメッセージが紳士的だったら一番先にメッセージしてくれた人に決めてます。」
「PCMAXって危ないとこなのかな、と思ってましたけどそんなの偏見でした」
「よく、付き合ってもらえませんかと言ってもらえるんですけど、一人の人と付き合うより今はいろんな男の人と楽しみたいんです」

美穂さん、どうやらPCMAXで男遊びに目覚めたよう。

奥さんとセックスレスの男性は多い。夫婦の不仲はできるだけ早いうちに解消しないと取り返しのつかない離婚問題になる。そんな40代の中年男性がPCMAXで浮気をしてセックスレスの原因を解消し離婚を回避した。その半年間の軌跡をPCMAXの体験談で紹介する。

PCMAXを使う事情は男性も女性も人さまざま。

人妻

人には人の事情がある?

美穂さんと話していて、改めて人には人の事情があるんだなと思ったな。男も女も何らかの不満や欲求をPCMAXで解消している。

いろんな人がいて当たり前なんだ。よく、出会い系なんて、〇〇だからとか訳知り顔で講釈を垂れる男がいるが、使ったこともないくせに、批判する精神構造が管理人は理解できない。

管理人は人一倍飽き性だが、そんな飽き性の俺が10年間も同じPCMAXという男と女の出会いのツールを使い続けていられるのは、出会い系に飽きない魅力があるからだ。

その飽きない魅力とは、今回の美穂さんのような美人妻との大人の関係であり、また若い女性との世代を超えた出会いでもある。

当サイトはどちらかというと40代以降の男性読者が多いのだが、もらうメールにはこんな内容が多い。

読者からのメール
 「男の寿命も80歳になりましたが、そう考えるとまだ半分を折り返した地点なんですよね、代わり映えのしない世界にも飽きて出会い系を知りましたが、毎日楽しいですよ」

「なんか男も40越えると先が見えてきちゃって、このままでいいのかな?俺の人生なんて思ってました。出会い系なんてと思っていたくちですが、見事に裏切られました。思い込みや偏見なんて何の役にも立ちません、やってみるもんですね。若い女はいいですよw」

「定年してすることなくて、社会から疎外された寂しさを感じていました。孫がね、私に、”イケシカ、イケシカ”って言うんですよ。”イケシカ”って何だいと聞いたら、お爺ちゃんは、生ける屍だって、わたし頭を殴れた思いでした。それで、ひでじさんに出会い系教えてもらって、最初は空振りばっかりでしたけど、今はそこそこいい思いしてます。」

「立ち飲み屋でね、会社の連中と飲んでて、あれ、俺って毎日おなじ面子と何やってんだろ?と思いました。それがきっかけで出会い系始めました。月5000円の小遣い程度で毎月一人くらいかな、打率上げなきゃね。まあ、エッチなことより若いお姉ちゃんとデートしてるだけで楽しいよね。女とデートなんて20年ぶりだったもんね、元気になれたよ」

なんでもやってみるもんだ。心に浮かんだ淡い希望は手をかけずにいると儚くも泡のように消えていく。

それをつかまえて、育ててやれば思いもかけぬ芽が出て、見たこともない花が咲く。その花を見たとき、昨日とちがった今日がやってきて、明日がくるのも心まちになる。

自分の人生だ、自分で花咲かせなきゃ、誰も花束なんかくれない。管理人はこの頃よく思う。「たいした人生じゃなかったけど、俺も割と頑張ってきたよな、ここらで自分にも褒美あげようか。」その褒美は”我がまま”という名だ。

常識ってなんだ?
恥を知りなさいってなにが恥だ?
年を考えなさいって何歳なら考えなくていいんだ?

「お父さん、家族のことも考えてください!毎日飲んでばかりで…」
「馬鹿野郎!お前らのために何十年やってきたと思ってんだい!」
「ふざけんじゃないよ!俺はもう我慢せん!今日から好きなことやる!」

先日、うちの店に先輩の奥さまが探しに来られた時の一幕です。管理人思わず心の中で拍手しました。あんたももうそろそろ自分に褒美をあげてもいいんじゃないか?

お気に入りに入れる
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.