オナ二ーは体によくない?しすぎるとどうなる?実は危険なオナ二ーの正しいやり方を教える

お気に入りに入れる

オナニーの危険


なぜか誰も言わない!オナニーの知られざる危険とは?

オナニー、マスタベーション、通称センズリ、やったことのない男は世の中にいないだろう。

昔から、オナニー、マスタベーションのし過ぎは、ペニスが変形するとか、頭が馬鹿になるとか、勉強に身が入らなくなるとか言われて肯定論が少ないのが通例だった。

しかし、それはそう言われていた時代背景を見るとまったくのデマだったことが分かる。オナニー否定論が幅を利かせていた時代は、戦前、戦中の産めよ増やせよの時代だ。

つまり人口増加を国を挙げて推奨していた時代で、国力増強のためのプロパガンダなんだな。

要はオナニーやセンズリばかりされては子作りに精が出ず人口増加も叶わないというわけだ。そして現代、オナニー否定論はまったく鳴りを潜めてしまった。

むしろ、ストレス発散にオナニーは最適だとか、マスタベーションはいくらやっても害はないなどの意見が多数派になっている。しかし、本当にそうだろうか? 

オナ二ーは体によくない?しすぎるとどうなる?危険なオナ二ーの正しいやり方を覚えて安心してオナニーしろ!

オナ二ーは体によくない

どうしたの?わたしがわるい?

しかし、俺は過去に、オナニーである強烈な体験をした。俺は性欲が人よりも強い方で、40代前半のころまで、2日に一回はオナニーをしていた。

そうしないと、性欲が抑えられないのだ。40歳過ぎてで犯罪者になるわけにはいかないので、ほぼルーティンワークになっていた。

ある時、出会い系で釣り上げた、26歳の女とラブホテルへ行った。 顔はフツメンだが肌の白いスレンダーな女で俺の好みにピッタリの子だったので、喜び勇んで飛びついた。

しかし、いざ事に及ぶと射精できないのだ。 女の膣は絞まりもよく申し分のないものだった。

その日は結局女を喜ばせただけで俺には不満の残るSEXになったが、射精できなかったのは、疲れのためかなと特別に気に留めることもなかった。

それから数日して、付き合いをしている20歳の女が家に遊びにきた。 先日のSEXで消化不良だったので、今日こそは出すぞと勢い勇んで事に及んだ。

この女、年の割りにフェラチオのうまい子で俺のイチモツはすぐにエレクト。 69で互いに舐めあい、挿入後、じわじわとピストン。 交わること30分、またもや…射精できない。

この女で射精できなかったのははじめてだった。 「ねぇ、どうしたの?わたしがわるい?」気にして声をかけてくれるんだが、返事もできないほど茫然自失の体たらく。

こんな状態がその後数か月続くことになる。  

現代はセクシーな無修正画像や無修正動画などのコンテンツを気軽に楽しめる夢のような時代だが、その危険が語られることはない。ポルノ依存で薬物治療できない勃起不全や射精障害にならないための予防策【克服・改善・修復・解放】を教えよう。

オナ二ーは体によくない?やっぱり危険だった!膣内射精障害になった!

オナニー

膣内射精障害とは?

悩んだ。俺は不能になってしまったのか? しかし勃起はする。若い頃より硬いくらいだ。 このままでは、男の幸せの半分を失ってしまう!

焦った俺は、チャリで長堀の大阪市立中央図書館へ急直行した。 この時ほど活字を真剣に見たことはないだろう。

二階の医学書コーナーへ直行して参考文献を読み漁った。 読み漁ること一時間、遂に見つけた!「膣内射精障害」 医学用語ばかりで理解しにくいと思うので、以下に要約する。

メディカルノートさんの「膣内射精障害」も併せて読んでみてほしい。

~膣内射精障害~

膣内射精障害
は男性が行うオナニー、マスタベーション(自慰行為)に原因があると考えられている。

男性がSEX時に射精するのは、膣内に入れたペニスに膣圧がかかり、その状態でピストン運動することで、亀頭、陰茎などの性感を感じる部分に女性の愛液による湿潤により適度な膣壁による摩擦および圧力がかかることにより、膣内が吸引作用を伴うようになり、快感の頂点であるオルガスムスへ至り、射精する。

男性が行うオナニー(手淫)は、勃起したペニスを手の中でつかみ上下にピストン運動するもので、当然、女性の膣圧よりも男性の握力は強いものとなる。

よって、強い握力でのオナニーに慣れてしまい、これが習慣化すると、女性との性行為での膣刺激では射精に至らなくなる。

よく似た例として、オナホールなどの疑似膣を使った刺激も同様の症状を引き起こす。
膣内射精障害の原因のうち、22%程度が、強すぎる握力が原因と考えられている。

膣内射精障害のない男性の場合、オナニー時の握力平均は、4.25kgである。対して、膣内射精障害の症状がある男性はオナニー時の握力平均が10kgを越えていることもある。

手淫での強力なオナニーに慣れてしまったのが原因で、それより弱い刺激しか味わえない 女性との膣内射精に困難が生じていると考えられる。

また、別の見解としては、アダルト動画などの過激な性描写に慣れてしまった男性が アダルト動画の男優並みに女性を喜ばせることができないとの思い込みから劣等感を頂いてしまうのが一因とする論者もいる。

また、遅漏が過ぎてSEX中に飽きてしまうことが原因という説もある。

 
 
要約の要約
 要約の要約:ようするに、膣圧より強力な手の圧力に脳が慣れてしまい、膣では射精できなくなった状態が膣内射精障害であるということ。

 
 
~治療法~
 
不適切なオナニーが原因の場合は、適切なオナニーへの改善が必要。この際に適切な握力を考慮してやる必要があり、マスターベーションのリハビリやカウンセリングが必要となる場合もある。

なお、適度な頻度のオナニーが重要であり、極端な禁欲は勃起不全を誘発させかねないため注意が必要である。その症状故、来院する人がなく臨床例も少なく、解明されていない点も多い。

 
 

俺は脳科学が好きでよくその手の本を読む。 膣内射精障害の原因と脳科学を合わせて考えると、さらに恐ろしいことが見えてきた。  

実は危険なオナ二ー!しすぎるとどうなる?

脳は刺激に慣れてしまい、更なる刺激を求めるようになる。脳は更なる強い握力のオナニーを求める。最後は万力でも感じなくなる恐れがある。

男としての”死”

あんたも知ってるように、脳は刺激に慣れてしまうというやっかいな特性を持っている。

つまり手淫オナニーを続けて行ってその強度に刺激に脳がなれると、脳はその刺激に満足できず、更なる刺激を求めるようになるということだ。

その結果どうなるのか?手淫で言うと更なる強い握力を求めるということになる。

そしてその更に強い握力にも慣れてしまうと、さらにさらに強い刺激へ… もう万力でもないと感じない体に、そしてある日、もう物理的な刺激では感じなくなってしまい、タブーな性癖の本物の変態の世界へ… 最後にあんたを待っているのは、”破壊”だ。

”機能不全”と言い変えてもいいだろう。 つまり、あんたはもう、人間の女性ではダメな男になったということだ。これは男としての”死”だな。  

現代社会での孤独死は65歳以上の高齢者の場合、死後4日以上経過した死体数は15,600人もいる。単純計算で1日に42人が誰にも看取られず孤独死している。40代独身男性が孤独死を免れる原因と理由、予防策、セーフティネットの作り方を教えよう。

手淫オナ禁をしてみた俺のその後は?

墓場

自殺願望が消えなかった!

俺はこの日を境に手淫オナニーをやめてみることにした。今、振り返れば懐かしい思い出だが、まさかオナニーをやめてしまうとこんな結末が待っているとは、この時は想像もできなかった。

自殺願望が消えず、山手線の田町駅ホームから飛び込もうとしたことが何度もあった。

膣内射精障害の治療法には適度な頻度のオナニーが重要であり、極端な禁欲は勃起不全を誘発する恐れがあるとあったが、俺は元来天邪鬼なので、潔くやめる選択をした。

代わりに、射精できなくてもいいから、女とのSEX回数を増やした。

SEXしない日も女性を抱いて眠った。

~夏からの長い旅~ (当時の日記より抜粋)

一週間目…変化なし、相変わらず射精できず。オナニーの誘惑に負けそうになる。
二週間目…変化なし、同様に射精できず。オナニーの誘惑に負けそうになる。
三週間目…変化なし、同様に射精できず。オナニーの誘惑に負けそうになる。
四週間目…変化なし、気持ちに焦りが出る。オナニーの誘惑に負けそうになる。
五週間目…変化なし、多少、諦めモードに入る。オナニーの誘惑に負けそうになる。
六週間目…変化なし、もう開き直りの感あり。オナニーの誘惑に負けそうになる。
七週間目…変化なし、SEXの回数が増える。週5回程度に。
八週間目…じわっと、いけそうな予感がするが射精は無理。
九週間目…いける予感なし、SEXの回数が減る。週一回程度に。
十週間目…いける予感なし、SEXの回数は更に減る。今週はゼロ。
十一周間目…性欲を感じない日が多くなる。セフレとの別れ。
十二週間目…相変わらず性欲なし。セフレとの別れ。
十三週間目…家に女を呼ばなくなる。もう男終了か?完全に女っ気なし。
十四週間目…仕事に身が入らなくなる。人間終了か?鬱の感あり。
十五週間目…完全引き籠り状態。自殺が頭を過るも実行への勇気無し。
十六週間目…ご近所の通報か?民生委員が訪ねてくる。
十七週間目…友人一同から外へ連れ出される。太陽がまぶしい。
十八週間目…職場復帰もヤル気なし。
十八週間目…店の女性客とエロ話程度はできるようになる。
十九週間目…久しぶりに女と寝る。ただ眠っただけ。
二十週間目…突然、キャバでモテだす、原因不明。
二十一週間目…出会い系遊びを再開。
二十二週間目…出会い系PCMAXで過去最高ナンパ率を更新!しかしSEXは興味なし。
二十三週間目…出会い系PCMAXでとんでもない美女を捕まえる。SEXはまだ無理。
二十四週間目…とんでもない美女とSEXするも射精できず。
二十五週間目…朝起きたら夢精していた。40年ぶり。
二十五週間目…とんでもない美女と同棲開始。SEXするも射精できず。
二十六週間目…ミナミのバーで逆ナンされる。生まれて初めての経験。
二十七週間目…とんでもない美女とのSEXで射精できた!万歳!!  

長い長い7ヶ月がようやく終わった。

Gigazineさんの「愛し合うってすばらしい、セックスすると得られる10の効能」も参考に読んでみてほしい。

オナニーの常習化で失われるお金はなんと!900万円!

900万円

オナニーを、もし41年間続けると?

オナニーでの射精は一瞬だ!わずか数秒の快感だ。その数秒の快感を得るためにどれほどの時間を使っているか考えたことがあるかな?

これを知るとオナニーの時間が減ることを請け合う。オナニー依存とは、別の言い方をするとポルノ依存だ。現在はネットでありとあらゆるポルノを無料で見ることができる。

ポルノ依存はアメリカでも社会問題になっている。ハリウッドで映画にもなっているな。ポルノ依存の一番の弊害は時間の消費量が尋常ではないということ。

無料で視聴できるポルノサイトは数多くあるが、多くのマスタベ男子が利用しているサイトはFC2やXVIDEOなどだろう。

グーグルの検索から無修正ポルトサイトへ行き着く人はエロタレストなどの多くのアダルト系のアンテナサイトを経由することになる。

アダルト動画サイトを見ていると時間の経つのが早いと思う。平均的なオナニーの時間(ポルノサイトの選択から抜く動画の選択まで)を計算してみると、抜ける動画を探している時間が最も長いだろう。

例えば、なんとなくFC2やXVIDEOなどを見ていると30分なんてあっと言う間だ。動画を選択するのに30分、オナニーを開始して射精するまでを10分で計40分だ。

40分×365日=14600分。一年間続けると14,600分で時間にすると243時間。これを15歳から56歳まで続けると41年間。243時間×41年=9963時間で1万時間だ

1万時間の大体の目安はというと、フルタイムの仕事5年間分になる。56歳までの人生でなんと5年間もオナニーに費やしているのだ。

一万時間の法則を知っているかな?Malcolm Timothy Gladwell (1963年生まれ)の、英国生まれのカナダ人のジャーナリストが唱えた法則だ。

つまりオナニーに消費した時間を、何事かに使っていれば、どんな世界でも一流の世界へ辿り着けたということだ。

マルコム・グラドウェル氏が提唱した法則で、偉大な成功を収めた起業家や世界的に有名なスポーツ選手など何かの分野で天才と呼ばれるようになる人達に共通しているのは、10,000時間というこれまでに打ち込んできた時間が関係しているというもの。
引用元:matome.naver.jp

この一万時間をバイトしたらどうなるか?

時給900円でも、900円×10000時間=9,000,000円だ。900万円だぞ。中古なら家が買える。車なら新車が買える。

オナニーが習慣化して41年続けると900万円を失っているのだ。あ~なんともったいない。

オナ禁から見えた正しいオナニーのやり方と理想のSEX

バランスが大事

バランスが大事

俺はその後、普通の性生活を送っているが、オナ禁から二十七週間(6ヵ月と3週間)という長い期間を経て、ようやく女で射精できるまでに回復した。

オナ禁を始めた当初は、まさかこんな長い低迷期が来るとは思いもよらず、途中オナ禁を始めたことを後悔した時期もあったが今振り返れば、全ては必然であったような気もしている。

というのも、手淫を止めてからというもの、日記抜粋には書けなかった数々の不思議な現象を目の当たりにしたからだ。

オナ禁とその不思議な現象との因果関係は証明できないが、俺には因果関係があるとしか思えない出来事ばかりだった。

俺に三行半を突き付けて出ていった前妻から復縁を迫られたり、信じられないことが山のように起こった。

40歳を過ぎてからのモテ期に驚きを隠せなかった。 性エネルギーは人間の持つエネルギーの中で最も強いエネルギーだ。 その性エネルギーを温存することも、無駄に浪費することもできる。

俺はこの7か月近い経験で、バランスが大事なんだと思い至った。オナニーばかりではなく、極力生身の女とセックスしつつ、まだ足りない時にオナニーするということだ。

「女がいないからオナニーするんじゃないか!」という悲痛な文句が聞こえてきそうだが、それは違う!男は女がいてもオナニーはするのだ。

あんただって彼女がいても、別にオナニーはしていたばずだ。オナニーという快楽はその手軽さゆえに習慣化しやすい。無修正の卑猥な動画にもそのうち脳が慣れてしまう。

アブノーマルな変態さんの世界へ行きたくなかったら、適切な正しいオナニーに改善する必要があるのだ。

俺がバックパッカー時代にインドの瞑想センターに滞在していた時、若い女性に異常にモテるヨギがいた。そのヨギは性エネルギーを射精を伴わず自在に開放できる方だったが、異常に若く見えた。一見20歳くらいに見えるんだが、実は48歳だった。

アンチエイジングは性エネルギーの上手な開放にあるのかも知れない。 しかし、我々凡人はとてもヨギのような離れ業は使えない。

やはり、生身の女性との間に性生活を持つべきだ。 あんたもオナ禁して新しい女性たちと出会い、新しい自分に目覚めてみないか?  モテ期を自分で作り出すことができる。

俺が大手出会い系全てに入会して、一番数多くの女性と出会えたのがPCMAXだ。

オナ二ーは体によくない?しすぎるとどうなる?オナ二ーの正しいやり方!まとめ

オナ二ーは体によくない?しすぎるとどうなる?実は危険なオナ二ーの正しいやり方を教えるをまとめておく。

  • 膣内射精障害はオナニー、マスタベーション(自慰行為)が原因。
  • 強い握力でのオナニーが習慣化で女性の膣刺激では射精できない。
  • オナホールなどの疑似膣を使った刺激も同様の症状を引き起こす。
  • 脳は刺激に慣れてしまうというやっかいな特性がある。
  • オナニーの強度に脳が慣れると満足できず、更なる刺激を求める。
  • ポルノ依存の一番の弊害は時間の消費量が尋常ではない。
  • 抜ける動画を探している時間が最も長い。
  • オナニーが習慣化して41年続けると900万円を失っている。
  • 生身の女とセックスしつつ、まだ足りない時にオナニーする。
  • オナニーという快楽はその手軽さゆえに習慣化しやすい。

人類史上、利き手以外でオナニーを始めたのが、現代の男性だと言われている。右手にマウスを持ってエロ動画を探し、操作するからだ。

オナニーの弊害は分かってもらえたと思う。オナニーばかりやる男は狩りの本能が退化してモテなくなるのは間違いない。モテなくなるのは女ばかりにではない。同性にも人気がなくなる。

考えれば当たり前だ。動物世界でも狩りが出来ないオスは死ぬだけだ。

出会い系はイケメンや金持ちがモテる世界ではない。出会い系の経験値を積んだ男がモテるフェアな世界なのだ。さあ!経験値を積んでモテよう!

お気に入りに入れる
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.