社会人男性から女性への告白が成功する最適なデート場所と決めのセリフ

お気に入りに入れる


ムードで告白の成功率は上げられる!

デートを何回か重ね、そろそろ告白しようと思っている社会人男性は多いだろう。
では、どんなセリフで告白すればいいのか?
告白の場所はどこがいいのか?
悩んで立ち止まってしまうケースがよくある。

実際に告白の成功率が上がった、告白の場所と告白のセリフを教える。

女性はムードに弱い。
ムードある場所で告白すれば成功の確率を高めることができる。

ムードのあるシチュエーションを選択するだけで女性を落としやすくなるのだ。
これを利用しない手はない。

すべて実証済みの告白の成功率を上げる場所と告白の台詞を教える。

女性への告白ばかりでなく、出会い系ナンパでの口説きにも効果がある。
オレが13年間のネットナンパで実証済みだ。

ぜひ、取得して帰ってほしい。

男性から女性への告白が成功するデート場所とは?

薄暗い場所

デートとは非日常の時間

女性への告白を成功させる場所のキーワードは”薄暗いところ”だ。

女性はムードに弱いので、薄暗くてムードのあるシチュエーションということになる。

なぜ、薄暗いところが告白に有効なのか?
それは、暗さで視覚からの情報が大幅に遮断されるからだ。

そう、女性からはあんたしか見えない。
あんたも女性しか見えない。
簡単に、即、二人の世界が完成するのだ。

二人の距離を一気に縮めてくれるのが薄暗いムードのある場所だ。

女性にとってデートとは非日常の時間だ。
告白でも非日常を演出するのが女性のハートをつかむコツと言っていい。

では、その場所を見ていこう。

1、夜景が見える高層ビルのレストランBARでの告白

夜景が見えるBAR


料金が高いのが難点

なんだ、定番か!ありきたりだな。なんて、思わないでくれ。
効果があるから告白場所の定番になってるんだ。

よくテレビドラマや映画でも告白シーンで使われることの多い場所だ。

田舎の住人には無理めな場所だが、都市部を利用できるなら高層ビルの一つや二つはどこにでもあるだろう。

田舎在住者はガッカリしないでくれ。
後で田舎ならではの得する絶好スポットを紹介する。

夜景とアルコールの力は絶大だ。
高層にあるBARなら告白成功率はかなり高い場所と言える。

難点は料金が高いことだな。
写真はリッツ・カールトン東京の「タワーズ」というレストランバーだが、ここでディナーコースを2人で食べると、一番安いコースでも3万円近くは必要だ。

別途ワインでも開けると5万円コースだな。
しかし、5万円で好きな女が手に入るなら、安いもんじゃないか。

女は男に犠牲を強いる動物だ。
私のためにあなたは何を犠牲にしてくれるの?というのが女の本音だ。
好きな女と結ばれたいのなら、ここはケチらず勝負しよう。

金は稼げばいいじゃないか!

2、夕日や夜の海が見える場所での告白

夜の海

地方在住者が有利

夕日や夜の海が見える場所(海浜公園、岬など)は田舎住みが有利な場所だ。
おまけに無料だからな。

海が見えるシチュエーションでの告白はド定番だ。

特に沈みゆく夕日を眺めながらの告白はロマンチックで女心をくすぐる。

真っ暗闇でなければ、夕日が沈んだ後の海もいいだろう。

海での告白で結ばれるカップルは本当に多い。
オレは年間4ヶ月を沖縄県で過ごしているが、沖縄のビーチで告白して結ばれるカップルを数多く見てきた。

開放的になる季節の夏なら、ビーチでの告白はさらにいい。

隠れ家的なビーチを見つけてドライブで車中告白もいいだろう。
車があればロケーション選びの自由度は高い。

ぜひ、地元の海が見えるスポットを探してみてほしい。

3、ナイトクルージングディナーの船上での告白

ナイトクルージング

ロマンティックさは一番

ムード満点なのがナイトクルーズ船上での告白だ。

コースディナーを食べて、デッキで潮風に吹かれながら告白するパターンがいいだろう。

ちなみに東京ベイ・クルージングレストラン、シンフォニーのディナークルーズは以下のコースをクルージングする。

シンフォニーのディナークルーズ
シンフォニーのディナークルーズは、日の出桟橋→レインボーブリッジ→お台場、大井ふ頭。品川ふ頭を通過後は、進路を左転し、東京ゲートブリッジの下を通過。

その後、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーを始め、中央防波堤越しに見る東京都内の風景、羽田空港の景色を眺めながら進行。

羽田空港通過後は、再びレインボーブリッジ越しに東京タワーや東京スカイツリーの景色を堪能できる。

 
気になる予算はフレンチのディナーコースだと二人で22500円~。
1ドリンクなので別途ドリンク代は必要だ。
 
船上での告白で注意が必要なのは、もし、告白が失敗して女性から色よい返事がもらえなかった場合、港に着くまで居心地が悪くなることだ。
 
なので、告白はクルージングが終盤になり、港が近づいてからのほうがいいだろう。
 
間違っても屋形船なんかで告白しないでくれ。
おっさんどもの宴会じゃないからね。

4、ヘリコプターナイトクルーズでの告白

ヘリコプターナイトクルーズ
 
 
東京、横浜の夜景をたっぷり堪能できる
 
30分以上の横浜、東京間のフライトをチャーター(貸し切り)で利用できる。
お台場や東京湾の上空を飛ぶラグジュアリーなコースだ。
 
大都市のみ(大阪、名古屋などにもある)のヘリコプターによる空のクルージングだ。
これで感激しない女性はいないだろう。
 
まさに超非日常のデートと言える。
一生の思い出になると言っても過言ではない。
 
おそらくヘリコプターに乗るのが初めてな女性がほとんどだろう。
ハラハラドキドキの吊り橋効果も期待できる。

ヘリコプターで空を飛んでドキドキしているのを、一緒にいる男性にドキドキしている
と錯覚するのが、吊り橋効果だ。

吊り橋理論(つりばしりろん)とは、カナダの心理学者であるダットンとアロンによって1974年に発表された「生理・認知説の吊り橋実験」によって実証された感情の生起に関する学説。吊り橋効果、恋の吊り橋理論とも呼ばれる。

一般に感情は「出来事→その出来事への解釈→感情」という経路で発生すると考えられている。恋愛で言えば「魅力的な人物に出会う→魅了される→ドキドキする」という経路である。心理学者のスタンレー・シャクターは、実際には「出来事→感情→その感情への解釈」という、感情が認知に先立つ経路もあると考え、情動二要因論という情動の認知説を唱えた。情動二要因論を恋愛で言えば「魅力的な人物に出会う→ドキドキする→これは恋?」という流れとなる。Wikipediaより引用

 
デメリットは、豪華なクルージングなだけに料金も馬鹿高いところだ。
 
一番安いプランの東京スカイツリーを真横から眺められるフライト18分コースで45,900円 (税込)だ。
 
結婚のプロポーズなら奮発してもいいかも知れない。

安く近場で告白するならカウンターBARでの告白

カウンターBAR

どこの街にもカウンターBARはある

カウンターBARの利点は、横並びに座るので対面と違い二人の距離が近くなる。
また、お互いの視線が正面からぶつからないので、緊張感が少なく会話がしやすい。

大抵のカウンターBARはハイチェアなので、普段の生活では座ることのない高さで非日常を演出できる。

そして、BARは大抵薄暗い。
ムードのある音楽が静かに流れている。
バーテンは必要なこと以外しゃべらない。
まさに告白に最適な条件が揃ったシチュエーションなのだ。

カジュアルバーではなく、オーセンティックバーがおすすめだ。

オレは大阪ミナミで飲み屋のオヤジをやってるから、心斎橋、ミナミのBARのほとんどに出入りがあるが、カウンターBARの客同士の男女が結ばれるのをよく目にする。

それだけ、カウンターBARには色恋に適した環境が整っているということでもある。
大いに利用してほしい。

できれば、初めて行くBARなら女性を同伴する前に独りで出かけて下調べをしておくといい。
事前に店を見ておけば、慌てることなく堂々と振る舞える。
バーテンにも声をかけて顔を覚えてもらうと更にいいだろう。

男性から女性への成功率が高い告白の決めセリフはこれ!

告白のセリフ

「好きです。付き合ってください。」

ほとんどの成功する告白がこのパターンだ。
もしくは、「好きです。彼女になってください。」でもいいだろう。

自分の気持ちをシンプルに伝え、女性に行動を促す、鉄板の告白のセリフだ。

”僕と”、”僕の”を挿入して「好きです。僕と付き合ってください。」
「好きです。僕の彼女になってください。」でもいいだろう。

よく、LINEやメールでの告白はダメなの?と聞く男性がいるが、直接会わない告白では、ムード作りができないので成功率が圧倒的に下がる。

また、女性側からするとLINEやメールでの告白は断りやすい。
告白は直接会ってするものなのだ。

女性は告白される前に、おぼろげながら付き合ってもいいかどうかは決めている。
女性にとって告白されることはその確認の儀式なのだ。

だから、直接会ってムードあるシチュエーションの中で好意を伝えないといけないのだ。
LINEやメールで告白しては女性は軽く見られたと思ってしまう。

では、最悪、告白して振られたらどう振る舞えばいいのか?

しつこく食い下がるのは男らしくない。
今日は会ってくれてありがとうと言って潔く立ち去ろう。
その方があんたの株は上がる。

世の中に女はいくらでもいるんだから。

お気に入りに入れる
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.