出会い系で返信率が高く好印象なファーストメール(一通目)の例文!

ファーストメール


ファーストメールを制する者が出会い系を制する!

出会い系PCMAXで女性と出会うには、何が何でも一通目のファーストメールを制する必要がありる。なぜなら、ファーストメールで失敗すれば、セカンドメールはないからだ。

つまり、あなたが気に入った女性がいても、ファーストメールで失敗すれば、ジ・エンドだ。女性から返信メールが来ないので、次のメールを送るチャンスもないのだ。

女性から返事が必ずもらえるファーストメールの書き方を教えよう。

PCMAXでは、どんなファーストメール(一通目)を書けば返信率が良くなるのか?

ファーストメール

パターンは決まっている!

一通目のファーストメールでは、あなたの概要を伝えることを意識してほしい。ファーストメールが短文過ぎると”馬鹿っぽい”し、長文過ぎると”キモい”のだ。

基本は”紳士的”なメールを心がけてくれ。慣れ慣れしいメールはNGだ。

間違いのないテイストのファーストメールは、相手の掲示板書き込みや、プロフィールの文面に女性が書いている、テイストでファーストメールを書くことだ。

女性が丁寧な文面なら、こちらも丁寧な文面で、女性がフランクな文面なら、こちらも多少くだけた文面っで作成すると間違いない。

最初は相手に合わせることを意識してくれ。人間は同じフィーリングの相手に好感を持つ特性がある。

PCMAXの場合は100の質問に目を通せば、女性との話題はいくらでも作れるので、面倒でも目を通してくれ。(ほとんどの男性は面倒でやらないので簡単に差別化できる)

PCMAXの100の質問は他の出会い系サイトにはないPCMAX特有のシステムなので、メール内容を考える上で大変役に立つ項目だ。

ファーストメール(一通目)例文を解説する!

一般的にどんな女性にも使えるオーソドックスなファーストメール例文を教える。

まずは基本型を覚えて、あなたオリジナルの個性あるメール文を考案してくれ。

ファーストメール例文

こんにちは(送る時間帯に合わせる、間違えるとコピペメールと疑われる)、はじめまして!
●●(住んでいる地域)在住の(自分の名前:HN可)といいます。
(相手の名前)さんのプロフィールと自己PRを見て、とても魅力的な女性に思えたので、メールを差し上げることにしました。

(相手の名前)さんの自己PRにあった好みのタイプ女性(自己PR内容)にとても共感を覚えました。
サイト内のメールでゆっくりお話して、仲良くなれればと思います。

軽く自己紹介しますね。
年齢は(歳)で、職場は(地名)です。仕事は(~系)です。プライベートの活動地域は(地名)あたりです。趣味はキャンプとダーツ、読書、映画鑑賞です。

仕事では充実した日を送っていますが、現在、彼女がいないのでプライベートは寂しい限りです。

性格は几帳面だと言われますが、自分では案外大雑把なところもあり複雑な思いです。

(相手の名前)さんは、自分の性格をどう思われますか?好きな本や映画があったら教えてください。

では、(相手の名前)さんからのお返事を楽しみにお待ちしています。

ファーストメール例文では、最初に挨拶とメールを送った理由を書いて、次に簡単な自己紹介をして、その後に相手女性への簡単な質問をする。

これが一般的なファーストメールのパターンだ。最後にある、「(相手の名前)さんは、自分の性格をどう思われますか?好きな本や映画があったら教えてください。」という質問は次の返信をもらうための”鍵”になる。

ファーストメール例文は、どんな相手にも違和感なく使えて、危険人物ではない印象を与え、一般常識を持った男性である印象を与える文面にしてある。

メル友や趣味友、飲み友達、恋人、セフレなどの相手を探す時にも、応用することができる。

使い方は、この例文の()内に自分の名前や地域、仕事、年齢などを入れ定型文をメモ帳で作って、デスクトップに出会い系のフォルダを作り、その中に保存しておいてくれ。

メールを送る前に、定型文をメモ帳で開き、メモ帳の置換機能(編集→置換)を使い、相手の女性の名前を全て一括で書き換える。

置換

検索する文字列に定型文で作った、(相手の名前)を入力して、下の置換後の文字列にメールを送る女性の名前を入力して、右側の「すべて置換」を押すと、送る相手の名前に文章中の(相手の名前)の箇所がすべて置き換わる。

出来上がったら、出会い系のメール送信ページからコピペで貼り付けて送信するだけだ。この一連の流れを多くの女性で量産するのが、一番早く相手に会えるコツだ。

出会い系を利用する男性はスマホから利用していると思うが、スマホでは女性と出会う上で効率が悪すぎるのだ。パソコンで出会い系にアクセスすれば、スマホの20倍は効率よく女と会えるぞ。効率のよい出会いをするためにスマホからパソコンに乗り換えてくれ。

ファーストメール(一通目)で紳士で安全な人だと認識させる!

意外と多いのが、挨拶なしのメールだ。いきなり本題では、感じ悪さ100%だ。ww
挨拶は社会人の基本なのだ。

挨拶文
「こんにちは(もしくは、こんばんは)はじめまして!」

出会い系サイトは顔の見えない世界だ。女性の場合は特に見知らぬ異性に警戒心を抱いている。メールの冒頭に必ず挨拶文を入れてくれ。

ファーストメッセージで多少なりとも、その女性の警戒心を軽減する必要がある。紳士的な文面を意識して書いてほしい。

コピペメールと勘違いされないように、「猛暑が続いていますが」「寒くなってきましたね」など、季節の挨拶を入れてもいいだろう。

PCMAXでは、システムであなたの名前(ニックネーム)が分かるようになっているが、再度こちらからも名乗った方が印象はいい。

兎に角、あなたが、会っても危険のない人物だということを印象付けるファーストメールにすることを心がけてほしい。

ファーストメール(一通目)で女性を褒める!

女性慣れしていない男性は女性をホメるのが苦手が人が多い。ホメられていやな気分になる女性は世の中にいない。

ホメる!
「(相手の名前)さんのプロフィールと自己PRを見て、とても魅力的な女性に思えたので、メールを差し上げることにしました。」

ファーストメッセージで相手の女性を褒めよう。褒められて、お世辞だと分かっていても喜ばない女性はいないのだ。

写メを掲載している女性なら、写メを見た感想で褒めよう。また、褒める部分を工夫しよう。

そのためには、相手の女性をもっと深く知る必要がある。プロフィールや自己PR以外の100の質問を読んで、女性のインフォメーションを仕入れることが必要だ。

これができるのは多くの出会い系でもPCMAXだけだ。ファーストメールの作成ではPCMAXに大きなアドバンテージがある

他の出会い系では、ここまで詳細な女性に情報を前もって得ることはできない。100の質問を読んで仕入れた女性の情報で、話題作りをすれば共感のあるメッセージを書くことができる。

メッセージを送る女性を具体的に褒めることができれば、他の男からのメッセージよりも、あなたが書いたメッセージが女性に興味を持たれることになる

ファーストメール(一通目)で相手に共感する!

自分と同じフィーリングを持つ相手に好意を感じない女性はいない。少なくとも嫌われることはあり得ない。

共感!
(相手の名前)さんの自己PRにあった好みのタイプ女性(自己PR内容)にとても共感を覚えました。

ファーストメッセージで相手への共感を伝えることで、あなたのメッセージだけが女性には特別なものに思える。

女性を褒めるメッセージを書くことと同じように、プロフィールや自己PR以外の100の質問を読んで、女性のインフォメーションを仕入れることが必要だ。

共感という部分が分かりにくいかも知れないが、国語に授業ではないので、同調、同感、共感を厳密に分けて理解する必要はない。

例えば、相手の女性が好きな物をあなたも好きだということ、相手の女性が苦手な物をあなたも苦手だということを相手に伝えることだと理解してくれ。

あなたが感じていることを、私も感じていますということだ。共通事項を持った相手に好意を持ちやすいのが人間だ。

セカンドメール(二通目)につなげることが目的!

ファーストメールの目的はただ一つ、セカンドメールにつなげることだ。

焦らない!
「サイト内のメールでゆっくりお話して、仲良くなれればと思います。」

まだお互いの事がよく分かっていない段階で、相手に好かれようとするよりも、嫌われないことが大事だ。

嫌われない限りは、メッセージのやり取りを続けて行けるからだ。

出会い系で女性とメールのやり取りを始めて、お互いへ興味や好意の感情が芽生えると、出会いの目的が恋人を見つけるためであれ、セックスの相手を捕まえるためであれ、早く会いたいと思うようになる。

しかし、男と女の関係は、恋愛曲線という男女の感情のズレで男の方が早く燃え上がるようにできている。男の感情が高ぶった時にはまだ女性はそれほどでもない場合が多い。

女性を急かすのは得策ではない。そこで、メッセージ内で、「サイト内のメールでゆっくりお話して、仲良くなれればと思います。」という一文を入れる。

ラインやカカオの交換も焦らずに女性のペースで交換するのがベストだ。

ファーストメール(一通目)の自己紹介でアピールする!

出会い系では男性のプロフィールを見れば、どんな人なのか概要は分かるが、あえてファーストメールにも書くほうが親切だ。

冒頭で自己紹介
「軽く自己紹介しますね。年齢は(歳)で、職場は(地名)です。仕事は(~系)です。プライベートの活動地域は(地名)あたりです。趣味はキャンプとダーツです。

出会い系は会員の男女比が均等ではない。どの出会い系サイトでも女性会員の数が男性会員よりも少ないのだ。

そのため、女性会員には夥しい数の男性からメッセージが届く。つまり出会い系では選ぶのは常に女性なのだ。

他のライバルよりも好印象のファーストメールを送らいないと、多くのメールの中の一つとして埋もれてしまう。

見知らぬ男からメールが来て、女性が最低限知りたいことは、年齢、職業、既婚、未婚、住んでいる場所だ。ここで条件を盛ったり偽ったりすると、後でバレるので得策ではない。

趣味を書いておくことで、堅物ではないことをアピールする。健康的な趣味がいいだろう。間違っても「趣味:競馬、パチンコ」などとしないでくれ。ww

多少詳しい自己紹介
仕事では充実した日を送っていますが、現在、彼女がいないのでプライベートは寂しい限りです。性格は几帳面だと言われますが、自分では案外大雑把なところもあり複雑な思いです。」

きちんと仕事をしている男性であることを明言する。交際相手の有り無しを明言する。既婚者やバツあり、なしも明らかにして構わない。

既婚だから、バツがあるから、モテないということは、出会い系ではあり得ないのだ。既婚、バツありの女性も出会い系にはすごい数いるし、気にしない女性も当たり前のようにいる。

性格描写は、プラスイメージを連想できるものを書こう。例文の几帳面=約束を守る、お金にルーズではない、真面目などだ。

大雑把なところもあると書くことで、神経質や粘着質ではないことをアピールする。女性は神経質と粘着質を嫌う傾向がある。

神経質な男性は気を使い疲れるし、粘着質はストーカー被害を連想させるからだ。

注意!
ファーストメールであまり詳しく自己紹介しないことが肝心だ。全てをさらけ出すとあなたへの興味が失われて、次のメールに繋がらない。あなたのことを、もっと知りたいと思わせることが必要なのだ。


ファーストメール(一通目)では最後で必ず相手に質問する!

男性でも女性でも見知らぬ人とメールで会話する時は、話題に困るものだ。そこで会話をスムーズにするために質問が大事になる。

質問する
(相手の名前)さんは、自分の性格をどう思われますか?好きな本や映画があったら教えてください。

メッセージのやり取りもリアルでの会話と同じだ。自分ばかりしゃべる男性はモテない。一番女性を白けさせるのは自慢話だ。

会話のキャッチボールを意識してくれ。会話のキャッチボールを円滑にするために必要なものは何か?

それは、”質問力”だ。相手に適切な質問をすることが、メールのやり取りを続けて行くコツだ。

そのためには、”相手の聞いてほしいことを、聞く”のが一番親近感を持たれることになる。出会い系のほとんどの男は女性のプロフィールを読み込まない。

それで、自分の聞きたいことを聞いてしまうというミスをする。「〇〇さんは、どんな食べ物が好きですか?」→「自己PRに書いてあるでしょ!読んでないんだ、こいつ消えた」となる。

「〇〇さんは、どんな車が好きですか?」→「車なんて興味ない!チャリ派だから」こんな勘違いメールであえなく女性に切られる。

では何を聞けばいいのか?PCMAXなら、100の質問を読めば、その女性が何を聞いてほしいのか一目瞭然だ。

他の出会い系では、女性への質問はプロフィールから想像するしかないが、PCMAXなら質問の材料はいくらでも100の質問から手に入れることができる。

PCMAXで送るファーストメッセージに女性の100の質問で仕入れた材料で質問することで女性の100の質問を読んでくれたことが分かり、返信率が大幅に上がる。

女性から、返信メールがくれば、前回の質問の答えから返事が書けるので、セカンドメールを書くことは前回よりも簡単になる。

質問の注意!
女性のメールで質問する時は、YES,NOで答えられる質問をしてはいけない。
必ず、相手が考えないといけない質問にしてくれ。

質問は「読書は好きですか?」のような、Yes、Noで答えられるものではなく、「どんな本が好きですか?」「最近どんな本を読まれましたか?」のような質問にしてほしい。

「(相手の名前)さんは、自分の性格をどう思われますか?」女性のプロフィールに性格についての言及がなければ、性格を聞くのもいいだろう。

ファーストメール(一通目)の最後でもう一押しする!

最後の一押しを書かない男性も意外と多い。待っていると言われれば、気になるのが人間だ。

タイトル
では、(相手の名前)さんからのお返事を楽しみにお待ちしています。

ファーストメッセージの最後に、あなたからのメールを楽しみにしていますよ、と書くことで相手が返事を書く確率は高くなる。

ファーストメッセージの文中に、女性の名前を頻繁に入れるようにしよう。人間は何より自分の名前に意識があるものだ。

人は一日のほとんどを自分のことを考えて生きている。なので名前を連呼されると、自分の名前へ意識が行く。

小説を読んでいて、作品の中に自分と同じ名前があれば、ハッ!とするのと同じだ。定型文を作る記事で説明したように、メモ帳で一括置換すれば間違えることはない。

相手の名前を何度も文中に入れることで、コピペのメールではないことをアピールできる。

出会い系のライバルは弱いので20代女子狙いでも楽勝?

返信メール


女性から返信メールの山がくる?

管理人の飲み屋に20代の可愛いバイト女子がいる。この子にPCMAXに登録してもらった。写メが可愛いので登録後、一週間で合計160通ほどのメールが来た。

その男子からのメールの一部を公開する。

届いたメール
「ち~す!俺ヒロシ、今日夜ひまなんやけど、一緒にミナミで遊べへん?」

「デリヘル業者じゃないよね?会えますか?」

「セルシオに乗ってるよ、迎えに行くから遊ぼうよ」

「ホ別1でどうですか?」

「今晩、ミナミのヘブン行くけど、一緒に行かない?」

 
 
アホばっかりだ。ww、このメールは全文なんだ。省略していない。バイトの女の子も呆れていた。「バカばっかりですね!」
 

こんなに出会い系の若いライバルは弱いのだ。あなたが今回の記事を読んでポイントを押さえたファーストメッセージを書けば、返事が来ない方がおかしいのだ。

ぜひ、たくさん女性と知り合って、メールのやり取りを重ね、美味しい思いをしてくれ。

管理人が10年間利用して1番多くの女とヤレたサイトがPCMAXだ。

アフィリエイト

出会いまでのレッスン!

PCMAXで出会うまでの必勝パターン例文!

出会い系サイトで女性と会えるか、会えないかはプロフィールの好感度に命運がかかっている。出会い系に登録して、まずやるべきことは、女性を検索することでも、メッセージを送ることでもない。好感度の高い会えるプロフィールの書き方を例文付きで教えよう。
出会い系で女性と出会うには、何が何でもファーストメール(一通目)を制する必要がある。なぜなら、ファーストメールで失敗すれば、セカンドメールはないからだ。返事が必ずもらえる効果的なファーストメールの書き方を教えよう。
出会い系で女性と実際に出会うには、女性に送るファーストメールが一番大事だが、次に大事なメッセージは二番目に送るセカンドメールだ。セカンドメールに返事がくれば、やり取りは続く。効果的なセカンドメールの書き方を教えよう。
LINEやカカオ、メアドをいつごろ交換申し込みをしたらいいのか、どんな文面のメッセージで頼めばいいのか、分からずに先へ進めない男性がいるのものだ。出会い系で女性とライン、カカオ、メアドを交換するための基本メール例文を教えよう。
大手出会い系はどこも登録後に電話番号と年齢を確認される。これは出会い系規制法を遵守している大手出会い系ならどこも共通して行っていることだ。なぜ電話番号の認証と年齢認証が必要なのか詳細に解説する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.