60代定年退職後、独身男性の趣味は出会い系でのナンパが老後の備えになる【セーフティーネット】

お気に入りに入れる

孤独死

孤独死したくないなら?

60代定年退職して、何もすることがないほど寂しい毎日はない。

管理人の経営する飲み屋には定年間際のオヤジたちが連日のように飲みに来て、退職後に楽しむ趣味を語っているが、いざ退職して趣味でも始めてみるとみんな長続きしないようだ。

仕事人間で生きて来た先輩ほど、定年後の趣味だけでは満足できず悶々としている。そんな先輩にすすめているのが、出会い系PCMAXでガールフレンドを作る方法だ。

現在、日本では孤独のうちに亡くなる方は65歳以上の高齢者の場合、死後4日以上経過した死体数は15,600人に上る。

単純計算で1日に42人が誰にも看取られず孤独死していることになる。

独身の先輩方は孤独死しないためにも、定年後の趣味は出会い系PCMAXでガールフレンドを作ることをすすめる。

定年退職後、独身男性の趣味は出会い系でのナンパが老後の備えになる!定年後に急激に乏しくなる資本とは?

孤独
急に乏しなる人的資本

老後資金がいくら必要だとかいう議論がネットでも盛んだが、そんな話題で得をする銀行や保険会社、証券会社などが密かに煽っているだけで、普通に暮らすのであれば、実はお金はさほど問題ではない。

実は、60代定年後に急に乏しくなる資本は金融資本ではなく、人的資本なのだ。定年すると仕事での人間関係を一気に失う。

60代定年後、携帯電話が鳴らない日が急にやって来る。仕事がない日を満喫できるのは、せめて一ヶ月ほどなのだ。

そのうち外出もしなくなり、奥さんに「おとうさん、家でぶらぶらしてないで、どっか出かけたらどうですか?」なんて遠回しに邪魔者扱いされ出す。

子供たちの所に孫の顔でも見に行こうかと思っても、子供たちも忙しい年代だ。そうそう相手などしてくれない。

会社の元部下に連絡しても現役ではない上司に相手は何の用もないので、適当な理由を付けられて丁重に断られる。

家に帰れば「趣味なし」「夢なし」「仕事なし」「居場所なし」かくして、定年後の先輩方は身の置き場がない寂しい毎日を送ることになる。

日刊SPA!の「独身で無趣味、孤独な60代は定年後にどう生きればいいのか?」も併せて読んでみてほしい。

定年後に毎日行くところは三カ所?

図書館

本と鳩と酒?

そんな先輩方が60代定年後に決まって行くところがある。一つは図書館だ。図書館なら本が只で読めて夏は冷房、冬は暖房が効いて快適だからだ。

管理人は読書が好きでよく大阪市立中央図書館に本を借りに行くが、定年後の先輩方でいっぱいだ。ある日、お店の常連さんお見かけた。

声をかけようと近づいたが、本を読んでいる姿勢で眠っていた。つい半年ほど前まで大手企業の役員だった方だ。頭髪に白髪が増え、背中は丸まり、10歳は老けて見える姿に愕然とした。

二つ目は公園だ。大阪城公園、扇町公園、靱公園、桜宮公園、どこの公園に行っても、定年後らしき年代の先輩方がしょんぼりベンチに座っている。

公園のベンチに一人座って鳩に餌を与える後ろ姿に往年の企業戦士の面影は微塵もない。

三つ目は飲み屋だ。大阪の道頓堀から千日前へ向かう途中に坂町という昔ながらの飲み屋街がある。朝まで飲んだ日によく先輩方に連れて行かれるが、坂町のスナックはお昼前から営業している。

80歳くらいのお婆ちゃんがやってるスナックだが、お昼から行き場のない先輩方で満席だ。そこでカラオケを歌うわけでもなく、お婆ちゃんと競馬の話に花が咲いている。

お供していて何ともやりきれない気持ちになることがある。

東洋経済さんの「なぜ「定年後」の男性は悲惨なことになるのか」も参考に読んでみてほしい。

定年退職の暇な60代独身先輩を出会い系に誘ってみた!

定年後の暇

何かやらないとボケますよ!

「先輩!女遊びしませんか?」ある日、鶴さんという店で燻っている先輩に言ってみた。「ひでじ君、冗談はよしてくれ!そんな余裕なんかないよ!」

やはり先輩には、女=金で買う、という等式が染みこんでいるようだ。この鶴さん、元大手の商社マンで東南アジア某国の支店長を最後に定年されたが、現役時代に奥さんと離婚して独り身で将来を悲観していた。

「先輩、金なんかいらないんだよ、月に5000円もあれば十分だから」
「なんだピンサロい?あそこはもう飽きた」
「先輩違うよ!素人をナンパするんだ」
「馬鹿言っちゃ困る!女性を口説くなんて20年やってない!」
「教えるから、やろう」
「無理だよそんなの、恥かくだけだよ」
「先輩!女欲しくないのか!」
「そりゃ欲しい、でも今の僕じゃ無理だ」
「じゃあ、俺が先輩の目の前でやってみせるから、どう?」
「じゃあ、見てる」

で、早速管理人が利用しているPCMAXに愛機Surface 3でログイン!受信箱を見ると援デリ業者からの営業メールばかりでさっさと削除。

次回メッセージ送信予定にしていたのお気に入り女子に作成しておいたメッセージをコピペして50通ほど送った。

「先輩、明日か明後日にお店にきてくれ、たぶん今メッセージを送った女性から返事が来てるから、PCの前で手順を説明するから」

「うん、なんだかよく分からないが明後日あたり来るよ」

しぶしぶ出会い系PCMAXを始めた定年の60代独身先輩

60代独身先輩

二日後、約束通り、先輩は来た。早速、PCMAXに愛機Surface 3でログイン!受信箱を見ると、大阪市在住の女性から1通のメッセージが届いていた。

「先輩!返事来てるよ!」「うん、来てるね」先輩まったくやる気なしだ。早速メッセージを確認。

返信メッセージ
鈴花です。メッセージありがとうございます。私の長い自己PRの最後に書いている内容を読んでくださったのは、ひでじさんだけでした。みなさん読んでなくてお返事していません。飲食店を経営なさっているんですね、仲良くなったら誘ってくださいね。職場でちょっと嫌なことがあってへこんでたんです。ひでじさんの爆笑日記で癒やされました。
こちらこそ、メッセージ交換からよろしくお願いします。

「先輩~見てるか?」「見てるよ~返事くるんだな、これからどうするの?」
「返事書くに決まってるじゃないか!」「そうなの?」
「そうだよ、今からこの女性とメッセージをやり取りして仲良くなるんだよ」
「そんなことできる?」
「できるよ!この女性が何を望んでいるか考えて返事を書くんだ」
「うん、コミュニケーションの基本だな」

「さあ、先輩、PCMAXに登録してプロフィールを作ろう。この先、孤独死してもいいのか!」
「脅すなよ、仕方ない、ひでじ君の遊びに付き合うか」

それから一時間ほど、先輩に出会い系のシステムを教えて、いくつか助言をして別れた。

60代で定年退職後に出会い系を利用して日本国内で日本人のセフレを作る方法を教えよう。素人の若い女や熟女とのSEXが一番効果のある回春の特効薬だ。60代定年退職後のタイ回春ツアーはエイズの危険、交通費、滞在費が割高でコスパ悪すぎて割りに合わないよ。

60代定年後の先輩の出会い系体験~二週間目

ロシア人女性

女性といると男は元気が出る

鈴花ちゃんとは、その後に10通ほどサイメのやり取りをしてLINEの交換も済ませが、まだデートに誘うまでには至っていなかった。他の女性からも返信が7通ほど着ていた。

そんな時、鶴先輩から連絡があった。「ひでじ君、急で悪い、KENZOの紫が飲みたい。今日あるか?」

「あるよ!私物だが、出すよ!」「じゃあ22時に行くから」ワイン好きの鶴先輩だが、KENZOのオーダーは初めてだった。

鶴先輩は22時キッカリにきた。別人かと思うほどの出で立ちだ。スーツはゼニア、タイはドミニクフランス、シューズはオーベルシー、いつもはイオンの甚兵衛にゴムサンダルなんだ。ダンディさに降参した。

「KENZOもう出す?」「いやまだいい、モヒートくれ」いつもと違う先輩の凛とした姿に何やら幸運の予感が。

それから10分ほどして、金髪碧眼のご婦人が来店。「こちら、アリーサさん」先輩が何やら、話し込んでいたが、ロシア語なので皆目理解できない。

「ベリーニ出してくれる」「食事はお任せで」「はいよ了解」現役時代の友達なんだろうか、楽しそうな先輩を久しぶりに見た。

「KENZO出してくれる、ひでじ君も一緒に飲めよ」「いいの!ありがとう」「ザ・ナーシュ・フストレーチュ」

「先輩!生きててよかった!美味しい!」「うん、最高の出来だ」鶴先輩もご婦人もニコニコだ。もう、いつもの燻りオヤジの陰はどこにもない。

やはり、女性といると男は元気が出るものだ。今日の先輩はどうみても現役時代の威風堂々たる支店長だ。

ご婦人が席を外した時に聞いてみた。「先輩、ロシア語話せるんだね」「僕を誰だと思ってるの!元モスクワ支店長だよ」「そうだったの?普段何も言わないから知らなかった」「ところで、アリーサさんは商社時代の友達?」

「ひでじ君、何言ってるの?出会い系で知り合ったんだよ」「え~マジで、まだ二週間した経ってないけど」

「やってるうちに女性とのコミュニケーションのコツが分かってきて、昔取った杵柄だな、ロシア語書けるライバルがいなかったから楽勝だった。

「ひでじ君はデートまだか?頑張れよ!」一本取られた、やはり歴戦の戦士が本気出せば、適わない。

ご婦人をエスコートする様が紳士然として男から見ても格好いいオヤジにみえた。二人で腕を組んでミナミの街に消えた。

「終わった人」を卒業した先輩の背中は頼もしく大きく見えた。

定年後の60代先輩が”終わった人”を卒業した出会い系PCMAXの使い方

快進撃の秘密

口説きはマーケティング

その後も、鶴先輩は出会い系で快進撃を続けた。先輩はこの一年間でほぼ毎月一人の婦人を管理人のお店へ同伴した。

その後の経過は野暮なので聞いていないが、出会い系の基本しかレクチャーしていない先輩の成功の秘訣を聞いてみた。

「鶴先輩、60代の先輩が一回りも年下の婦人を射止めてるけど、どう口説いてるのか興味がある。聞かせくれよ」

「そんな特別な秘訣はない、ただターゲット戦略は考えた。女性を口説くのはマーケティングだから、御しやすい女性を狙った。どんな女性が御しやすいのか?まず時間の自由が効く女性だな。

僕は定年して時間を自由があるから、相手に合わせられるが、相手が忙しければ会えない。だから相手を50代~60代の独身女性で経済的自立をしている女性にした。

それから、女性をルックスで選んではいない。返事が着た中からユーモアがある女性を選んで交流した。

僕の最終着地点とひでじ君らの最終着地点の違いだ。僕はセックス目的ではないから目的の達成は簡単だ。

ひでじ君は、女性とのセックスが目的だろ。ひでじ君のゴールが100メートルだとすると、僕のゴールは20メートルほどなんだ。

だから僕の方が早い。食事に誘うだけだからな。後は相手が聞いて欲しいことを聞いてあげて、話したいことを話させてあげるだけ。一般常識があれば誰でもできることだ。

婦人方がレディーファーストには飢えているから、やるけどね。僕は話して楽しい女性と美味い食事ができて美味いワインが飲めれば、それで満足だ。いい遊びに誘ってくれてありがとう」なるほど、得心した。

60代定年退職後の独身男性にとって理想の過ごし方とは?

衣食住


シンプルイズベスト?

管理人は自営業者なので、定年はないが、自分なりの60代からの過ごし方は考えている。紀州のドン・ファンではないが、やはり女性に囲まれた生活が理想だ。

女性がいない生活は味気ないものだ。女性の知り合いが、スナックのママとマンションの掃除のおばちゃんだけなんて、寂しすぎだ!

定年後、自由を謳歌するために、”モノ”は少ない方がいい。人間はモノに縛られると身動きが取れなくなる。モノは目的を叶えるためのツールであって目的自体ではない。

管理人の友人にウエスタンの収集家がいるが、コレクションを盗難されるのが恐くてどこにも出かけられない奴がいる。まるでモノの番人だ。

自由と冒険の象徴であるアメリカウエスタンのコレクションなのにまったくナンセンスな話だ。老境に入ればミニマリストが一番自由になれるライフスタイルだ。

60代定年退職後の独身男性の”衣”について考えてみる

管理人のファッションは年中同じスタイルだ。季節ごとの服を複数枚着回すスタイルだ。

選択するストレスがないので精神的も経済的にも楽だ。ミニマリストなので最低限の着心地のいい服があれば困ることはない。

ステーブ・ジョブス、イーロン・マスク、オバマ大統領も同じスタイルだ。まめに洗濯して清潔には気をつけている。ファッションに金を使うなら女性とのデートに使ったほうがいい。

理想は私服の制服化だ。インドの瞑想センターで働いていた時に利便性を痛感した。トランクケース一個に入るだけの衣服しか持っていない。バッグ類はリュックを含め大中小一個だ。

着飾って美しくなるより、筋トレで美しく動ける体を手に入れる方を選ぶ。

定年後の先輩方にも適度な筋トレをすすめたい。

60代定年退職後の食

飲食店を経営しているので、料理はできる、自炊派だ。独身男性で定年を迎える方は、料理を覚えた方がいい。健康の基礎は食事だ。

これからは男子厨房に入るべきだ。自炊ができれば寿命は10年は伸びる。深型のフライパンが一個あれば大抵の料理はできる、調理器具に凝らず、食材に凝る方が食の恩恵がある。

調理器具はIHと直火両方で使える物が応用ができコスパは高い。またマスコミに騙されて健康オタクにならないことが肝心だ。世の中には人工的に作られた常識が多すぎる。

友人に有名なガン科医がいるが、健康オタクが一番ガンになりやすいと言っている。

定年後の先輩方にもぜひ、自炊をすすめたい。

60代定年退職後の住

管理人は公団住まいだ。昔は家族がいたので、豪勢な家に住んでいたこともあるが、別れた妻にやった。物を持たない主義で、公団の四畳半でほとんど不自由を感じたことはない。

部屋にある生活用具は冷蔵庫などの家電とデスク用の椅子を除いてすべて、キャンプ用品だ。ベッドも分解できるアウトドアベッドで、布団は寝袋だ。

キャンプ用品は総じて頑丈に作られているので、家庭内用品より高価だが、長持ちだ。家財道具一式でも軽トラ一台で余るほどだ。

生活を二拠点化している。大阪と沖縄だ。大阪で飲食店、沖縄で安宿を経営している。沖縄の安宿に自分の部屋(3畳の屋根裏部屋)があるので家賃はゼロだ。大阪の公団は家賃2万円。

大阪に7ヶ月、沖縄に4ヶ月、海外に1ヶ月の居住スタイルだ。

定年後の先輩方にもぜひ、生活環境を地理的に変えることをすすめたい。

60代定年退職後の娯楽

蔵書数千冊を電子本化した。愛用のタブレットPCに全てPDFで入れている。しかし、電子化した本は不思議と読まなくなる。

本は世の中で一番安価な費用対効果の高い娯楽だ。図書館の側の公団に住めれば最高だ。あと、テレビは見ない。現代人は一生のうち8年をテレビを見ているという統計がある。

ちなみに買い物に3年、セックスに3年を一生涯で費やすそうだ。恐ろしく時間を無駄にするのがテレビという洗脳媒体だ。

60代定年後に受け身の情報ばかりでは、自発的な情報発信や行動ができない。自ずと流された人生になりがちだ。管理人はラジオ派だ。

インターネットも仕事以外はアクセスしない。スマホも出会い系がなければ持ちたくない。

定年後の先輩方にもぜひ受け身から出して能動的な娯楽をすすめたい。

60代定年退職後の趣味

60代定年後の趣味は外でできるものを一つと家でできるものを一つ持てればいい。管理人の場合は、アウトドアはヨットとキャンプとカヤックだ。

インドアはチェスとダーツだ。どれもさほど体力が必要なものではないので、年を重ねてもできるものだ。若い連中と交わるのにも役だっている。

チェスは外国人の知人が多いので覚えた。囲碁、将棋など頭を使うものならベストだ。楽器でもいい。趣味でて趣味仲間と交流すれば、自然と居場所はできるものだ。図書館、公園、飲み屋とはおさらばだ。

趣味仲間との交流で、幹事などの取りまとめ役を務めれば仕事ができる。自ずと仕事の延長線上には夢が見えてくる

河原でラジコン飛行機を飛ばして喜んでいる場合じゃない。定年後の先輩方にもぜひ、人と交われる趣味をすすめたい。

60代定年退職後の人間関係

人が一生涯にご縁がある人間は500人ほどという調査結果がある。基本は好きな男女としか交際しない。人間関係のストレスが一番大きいからだ。

仕事柄、知人はたくさんいるが、友人は数えるほど。巧言令色鮮し仁を痛感してから人を選ぶようになった。

結婚はしてもしなくても後悔するものだが、2回もしているのでするつもりはない。女性との人間関係は、女性が日々やっている家事全般ができた上で女性の友達を作るのが理想だ。そうすれば相互補助ができてお互いが助け合える。

独り身の生活で心細く感じることは独身女性も同じだ。友人同士助け合えばよい。自分で作り上げたセーフティネットほど堅固なものはないのだ。

できれば自分のポジションをハブ化(ハブ空港化)して情報の通り道にしておくと人も情報も必ず自分を通して流れていく。

管理人のようにサービス業をやってもいい、趣味や社会的活動をしてハブ化してもいい。人のセーフティネットに自分がなることが自分のセーフティネットを作ることになるのだ。

定年後の先輩方にもぜひ、ガールフレンドを作ることをすすめたい。

60代定年退職後の女遊び

そしてやはり60代定年後は出会い系PCMAXでの女性との交流だ。10年間で出会い系PCMAXで知り合った女性が600人ほどいる。今でも交友関係を続けている女性が50人ほどだ。

この女性たちのお陰で離婚後、一度も寂しさを感じることがなかった。

管理人はナンパが趣味だが、悪人顔のブサメンなので勝率は決してよくない。普通ナンパの勝率1%あれば合格だ。しかし、管理人の路上ナンパの勝率は0.5%だ。

つまり一人の女性をナンパするのに200人に声をかけないといけない。やりきれない。物理的、精神的に不可能な数字だ。

出会い系PCMAXのナンパならこの不可能を可能にすることができる。なぜなら同時に多数の女性へメッセージを送れるからだ。

PCMAXには全国に女性会員が3,188,000人いる。以下が女性の年齢別会員数だ。

PCMAX年齢別女性会員数
 年代 ( 女 )
10代 (70000人 )
20代 (1400000人 )
30代 (1000000人)
40代 (600000人 )
50代 (95000人 )
60代以上 (23000人 )

断られても精神的ダメージはない。返事が来ないだけだ。出会い系PCMAXナンパの成功はいかに多くの女性に好感度の高いメッセージを送れるかが基本だ。

慣れれば誰でもできることだ。人生経験豊富な男性ならコツをつかめば上達は速い。

我々中年以降のオヤジは若い男性と比べると体力的にも容姿的にも勝てないが、人情の機微に通じている人生経験がある。

若い連中が逆立ちしたって勝てない人生経験という強力な武器を持っている。先輩方が60代定年後をたくさんのガールフレンドに囲まれて過ごすのか、一人寂しく過ごすのかは行動するかしないかだけだ。

60代定年後を見据えて今から、ガールフレンドとの出会いを量産してほしい。

60代定年退職後の老後の備え!まとめ

60代定年退職後、独身男性の趣味は出会い系でのナンパが老後の備えになるをまとめておく。

  • 65歳以上の高齢者が死後4日以上経過した死体数は15,600人に上る。
  • 単純計算で1日に42人が誰にも看取られず孤独死していることになる。
  • 60代定年後に急に乏しくなる資本は金融資本ではなく、人的資本。
  • 「趣味なし」「夢なし」「仕事なし」「居場所なし」身の置き場がない。
  • 定年後に毎日行くところは「図書館」「飲み屋」「公園」の三カ所。
  • 女性を口説くのはマーケティング。
  • 出会い系でガールフレンドを作るのは簡単。
  • 家事全般ができた上で女性の友達を作ればお互いが助け合える。

60代の女性で独り身は多い。彼女らは至って元気だ。女友達と連れだって旅行三昧の生活を送る女性たちも多い。出会い系にも多くの60代女性がいる。

逆に60代で定年を迎えた独身男性は元気がない。食事もスーパーの惣菜で自炊は米を炊くだけだ。そんな食事が体に良いわけはない。

長生きしたければ気にかけてくれる友を持たねばならない。家事全般ができた上で女性の友達を作るのが理想だ。そうすれば相互補助ができてお互いが助け合える。

互いに相手のセーフティーネットになることが、一番手堅い安全網なのだ。出会い系PCMAXには50代女性で(95000人 )60代以上の女性が (23000人 )合計118000人いる。

あなたの住まいの近所にも女性会員がいるのでぜひ、ガールフレンドを作ってほしい。

お気に入りに入れる
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.