LINE・カカオID交換の成功率が高いタイミングは何通目がベスト?【恋活婚活】

LINE・カカオID交換の成功率が高いタイミングは何通目がベスト?【恋活婚活】

ライン、カカオID交換を焦れば振られる理由

ラインやカカオIDの交換を申し込んで連絡が途絶えるパターンは意外と多い。
いきなりブロックされて原因が分からず悩んでしまう。

俺が実際に経験して分かった、ラインやカカオIDの交換が成功するタイミングとメールのやり取り回数を出会い系での経験から教えよう。

マッチングアプリやSNSでも同様に使えるノウハウなので活用してほしい。

今すぐ、PCMAXを試してみるなら、

ここをクリックして詳細を確認してほしい。

\\このノウハウさえマスターすれば出会い系で会いたい女に会える!【無料】//

LINE・カカオID交換の成功率が高いタイミング

ラインID交換

セコい男は切られる?

出会い系で多くの男が悩むポイントと言えばラインやカカオIDの交換タイミングだ。

PCMAXでは男性側はポイントが有料だから、男なら誰もが費用節約のために、なるべく早く無料でやり取りができるラインやカカオIDに移行したいと思っている。

しかし、女側からするとメッセージのやり取りを始めて間もない頃に、ラインやカカオIDの交換を急かされると、ポイント代を節約しようとしているのがミエミエで急に相手の男が、セコい男に感じられて熱が冷めると多くの女性は言う。

女側としてはラインやカカオIDの交換は個人情報なので信頼関係がない相手にラインIDを教えるのは躊躇して当然なのだ。

女側が男を見極める一番のポイントが、ラインやカカオIDの交換タイミングだ。

ラインIDの交換を早い段階から求める男は嫌われて切られる可能性が高い

ポイント代の節約と嫌われないID交換のタイミングの落としどころはどのあたりなのか?

俺のこれまでの体験からPCMAXの一番いいライン、カカオID交換のタイミングを教える。

LINE、カカオID交換できるメッセージ回数の最適解

LINEとカカオ


ラインやカカオIDの交換は”7回”が最適解!

ラインやカカオIDというのは、電話番号を教えるのと同じ行為だ。つまり個人情報なわけ。

だから、女が警戒して当たり前だ。 逆にラインやカカオIDの交換に警戒がなく、すぐに交換に応じてくれる女性の方が怖い。

PCMAXですぐにラインやカカオ交換してくれる女のほとんどは援助デリ業者の女

女は非力なため慎重になるのは当たり前だ。
ネットで知り合った関係は特に間に共通の友人などを挟まないため、一段と慎重にならざるを得ない。

PCMAXで女に出会えない男のほとんどがID交換を焦って失敗している。
一度、見切られてブロックされたらもう最後だ。挽回のチャンスはゼロだ。

女にラインIDやカカオIDの連絡先を聞くのは、信頼関係が出来上がってからにしろ。信頼関係は出来上がっていれば、頼み方は「LINEのほうが便利なので」だけでもIDは気軽に交換してくれる。
 
慎重に行くなら
 
「○○さんさえよかったら、LINE ID交換してもらえませんか?交換してもいいなら、こちらから教えますね。もし、まだLINE ID交換に抵抗があるなら、○○さんに良いって思ってもらえるまではサイトメールで大丈夫ですので、安心してください。」

では、ベストなライン、カカオIDの交換のメッセージ回数は何回が最適なのか?

俺の経験では7回だ。

ただし、前提条件がある。それはプロフィールが詳細に完成していることと、送るメッセージ内容が相手のプロフィールを読み込んで共感できる内容のメッセージになっていることが条件だ。

PCMAXでライン、カカオIDの交換は7通目が最適な理由

LINE交換


7回が最適解の理由は?

なぜ、ラインやカカオIDの交換は7回が最適解と言えるのか?

ひとつは自己開示(プロフィールを見てこちらの人となりが分かっている状態)して後、7回以上もメッセージをやり取りして、ID交換できない相手はそれ以上の回数でも無理だからだ。

ID交換までのメッセージ回数
1~2通:5%
3~5通:20%
6~7通:60%
8~10通以上:15%

PCMAXで管理人の場合は6~7通が一番多いパターンだ。

10通以上やり取りしてラインやカカオIDの交換まで持ち込めなかった女も多数いる。

どこかで、男側も見切らないと不毛なやり取りが続くこともあるので、ラインやカカオIDの交換の最適解は7回と覚えてくれ。

もう一息という感覚があっても10回までにするべきだろう。
最初からラインやカカオIDの交換はしないと決めて冷やかし感覚でメッセージで遊んでいる女もいるので、そんな女はさっさと切って次のターゲットへ行くのが得策だ。

一般常識的な信頼関係構築は7回もあれば十分だ。

逆にそれ以上の回数で信頼関係が築けないとなると、何回やっても無駄だろう。

脈のある女とライン、カカオID交換するのがコツ

LINEやカカオの交換

気を遣い過ぎてなめらるな!

出会い系PCMAXの女性とメッセージのやり取りを続けていれば感じると思うが、メッセージへの反応が極端に悪い女がいる。

返信メッセージの文章からヤル気がまったく感じられない女だ。
こんな女はたいていが暇つぶし系か、非モテをからかってる性悪女だから、付き合っていたら時間も金も無駄になる。

男側から思い切って切ろう。 出会い系では選ばれる女が優位な立場だが、女の言いなりばかりになっていたのでは、その後、実際に会えた時に女優位になり苦労する。

また、気ばかり使って女に媚びる男は女から舐められてロクなことはない。
脈がないなと思えば、強気でさっさと次の相手にライン、カカオID交換を頼もう。

出会い系PCMAXには全国に3,188,000人もの女性会員がいるのだ。 相手探しには困らない。

年齢別女性会員数
 年代 ( 女 )
10代 (70000人 )
20代 (1400000人 )
30代 (1000000人)
40代 (600000人 )
50代 (95000人 )
60代以上 (23000人 )
 
 
PCMAXでは、あんたの希望する年代の女を選ぶのも困ることはない。
ライン、カカオID交換が可能な女性はPCMAXにいくらでもいる。
 

ライン、カカオID交換が可能な女性の見つけ方をPCMAXのPC版で説明する。
スマホ版でもやり方は同じ
だ。

ログインしたらプロフィール検索ページへ行く。一番下までスクロールするとキーワード検索がある。

ここの入力窓に「LINE交換」と入力する。キーワード検索は検索対象が全国になるので、あんたが住んでいる地域を指定するには「LINE交換 あんたが住んでいる都道府県名」と入力する。

PCMAXプロフィール検索

 
LINE交換
 
ライン交換
 
 
閲覧と送信
検索だけするのは何度やっても無料だ。女性の詳しいプロフィールを見るのは一件10円。その女性にメッセージを一通送ると50円だ。合計60円と格安だ。
 
 
一人の女に拘らず、たくさんの素人女性にメッセージを送ってくれ。
 
 

今すぐ、PCMAXを試してみるなら、

ここをクリックして詳細を確認してほしい。

 
 

\\このノウハウさえマスターすれば出会い系で会いたい女に会える!【ノウハウ記事!】//

LINE・カカオID交換の成功率が高いタイミングは何通目がベスト?【恋活婚活】まとめ

LINE・カカオID交換の成功率が高いタイミングは何通目がベスト?【恋活婚活】をまとめておく。

  • ラインやカカオIDの交換を申し込んで連絡が途絶えるパターンは多い。
  • ID交換を急かされるとポイント代節約のセコい男に思われて切られる。
  • ラインやカカオIDは個人情報なので信頼関係がない相手には教えない。
  • 女が男を見極める一番のポイントがラインやカカオの交換タイミング。
  • ライン交換を早い段階から求める男は嫌われて切られる可能性が高い。
  • すぐにラインやカカオ交換してくれる女は援助デリ業者の女。
  • 女にラインIDやカカオIDを聞くのは、信頼関係が出来上がってから。
  • 信頼関係があれば「LINEのほうが便利なので」だけで交換してくれる。
  • ベストなライン、カカオIDの交換のメッセージ回数は7回。
  • 脈がないなと思えばさっさと次の相手にライン、カカオ交換を頼もう。
  • 一人の女を追いかけずに同時進行で複数の女を狙う。

LINEは便利なアプリだ。無料通話に女性を引き込めるのが強みだ。
しかし、LINEIDはある意味個人情報なので簡単には交換してくれない。

オレがLINEやカカオを交換できたケースを調べてみたら7回が一番多かった。
脈あり一押しと思っても10回までにしておくのがベストだ。

それ以上は無理だと切るのが正解だ。
交換しない女は何度やっても交換しない。

よくLINE交換後はどの程度の頻度でコミュニケーションすればいいですか的な相談がくるが、気にしないほうがいい。

気にすれば義務になる。義務で楽しめるコミュニケーションはない。

自分の気分でいい。気が乗れば楽しいメッセージを送ればいいし、向かなければ放置でいい。楽しんでやってるか、下心満載でやってるかは相手に伝わるものだ。

ぜひ、PCMAXで多くの女性とLINE交換してコミュニケーションを楽しんでほしい。

今すぐ、PCMAXを試してみるなら、

ここをクリックして詳細を確認してほしい。

\\出会い系初心者が最初に使うサイトはPCMAXがベストな理由!【重要】//

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.