顔写真から自宅住所が特定される? スマホでの撮影はGPSをオフ!【Exif・投稿・写メ交換】

お気に入りに入れる

住所が特定される危険

スマホで撮った写真から住所が特定される危険とは?

を知ってるか?もし、顔写真をネット上で見知らぬ誰かと交換して、その写真がスマホで撮影された自宅での写真であれば、あんたの住所がバレる可能性がある。

なぜスマホでの撮影で自宅がバレる可能性があるのか?それを防ぐにはどうしたらいいのか?

スマホでの撮影で自宅がバレる可能性がある理由と簡単な設定でスマホでの撮影場所特定を防ぐ方法を教える。

なぜ、スマホで撮影した写真から撮影場所を特定することができるのか?Exif(エグジフ)情報とは?

ハメ撮り

GPSとスマホカメラが連動しているから

スマホは初期設定でカメラがGPSと連動している。そのためスマホで撮影した写真情報には位置情報が含まれている。

スマホのカメラで撮影された画像はExif(エグジフ)という形式で記憶される。

【Exif(エグジフ)とは?】
デジカメや、iphone、andoroidなどのスマートフォンで写真を撮影すると、その写真の中には様々な撮影に関する情報も同時に記録される。

Exifに埋め込まれる情報

・位置情報(緯度・経度・方角など)
・撮影日時
・スマホやカメラの機種名
・作成者名(設定した場合、著作権情報として表示される)
・撮影時の設定(シャッタースピード、フラッシュの有無、絞りなど)

個人情報の流出につながる危険もあるので、写真をWEB上にUPする際はEXIF情報が削除されているかどうかを確認する必要があるのだ。

このExif(エグジフ)に記録された位置情報から撮影場所が特定されるわけだ。位置情報はグーグルマップ上に表示することができるので、簡単に撮影場所がバレるわけだ。

こちらのノーモア情報漏洩さんの記事も併せて読んで欲しい。
ネットの写真から居場所が特定される!? スマホで写真を撮る時は Exif 情報に要注意!

顔写真を出したくない!マッチングアプリでプロフィールを作る時にに社会的立場のある男なら誰しも思うことだ。顔写真を出さない男がそんな不利を克服する方法がある。今爆発的人気の送った画像が自動的に「消える」スナップチャット(Snapchat)だ。

しかし、それだけではない危険…

最も危険なのはGPSがONのカメラで撮影したハメ撮りの投稿写真からExif(エグジフ)情報を見られること!

ハメ撮り写真

ハメ撮りの投稿写真

あんたが、もし間違ってスマホで撮影したGPS情報付きの旅先での顔写真をSNSにアップロードしてしまった場合はさほど問題はない。

その写真を解析されて、分かるのは旅先の位置情報と撮影に利用したカメラやスマホだけだ。

問題になるのは、ハメ撮り写真などを掲示板などへアップロードしてしまった場合だ。上の画像を見て欲しい。

この投稿写真はとある無料掲示板に投稿されていたものだ。この写真を撮影した場所が自宅でカメラにGPS機能が付いていてその機能がONになっていたら大変なことになる。

Exif(エグジフ)に記録された情報を読み出すことができるサイトがある。いくつもあるが代表的なEXIF確認君というサイトで上の投稿写真を調べてみよう。

Exif(エグジフ)確認君

EXIF確認君の使い方は簡単だ。調べたい写真のURLを入力するか、「ファイルを選択」をクリックしてパソコンやスマホから写真をアップロードするだけだ。

ドラッグ&ドロップでの写真追加をできる。上の画像をアップロードして調べてみよう。

EXIF確認君

メイン情報にはカメラメーカー、カメラの機種などの情報などが表示されるがたいした情報ではない。しかし、右のタブの「サブ情報」を見ると、

EXIF確認君

この写真が撮影された撮影日時(2006年05月05日01時48分00秒)などと時間と分まで明らかになる。もし、この写真にGPS情報が含まれていて、撮影場所が自宅であれば大変だ!

この女性が奥さんや彼女なら、あんたの自宅には日本中の変態どもが奥さんや彼女を見に来るだろう。浮気や不倫相手なら、いずれ奥さんにバレて離婚問題で修羅場になるぞ!

もし、投稿掲示板にハメ撮り画像をアップロードした覚えがあれば、今すぐ!削除してくれ!

リベンジポルノの被害が後を絶たない。リベンジポルノとは男女のプライベートなセックス動画や写真をネット上に公開する犯罪だ。被害者の8.4%が男性で、平成29年の男性被害者数は105人いる。逆リベンジポルノ被害の対策【削除依頼・対策】を教える。

Amaru.meさんの「SNSでの住所バレ、一体どうやって特定しているのか」も参考に読んでみてほしい。

SNSや出会い系、などマッチングアプリやLINE、カカオでの写メ交換も危険?意外な盲点とは!

プロフィール写真

有名SNSや大手出会い系なら安全

有名SNS(TwitterやFacebook)、大手出会い系(PCMAX、わくわくメール、ハッピーメール)にアップロードした写真やLINEやカカオを通じて送った写真から住所がバレることはあり得ない。

なぜなら、それらのサイトでは画像をアップロードする時点でExif(エグジフ)は自動的に取り除かれるからだ。

気を付けないといけないのは無料の投稿掲示板や無料の出会い系サイトだ。無料の投稿掲示板や無料の出会い系サイトには未だにExif(エグジフ)情報を取り除かないシステムで運営されているサイトがたくさんある。

先ほど、Exif(エグジフ)情報を解析してみた投稿写真があったサイトがまさにそうだ。大事にならないように、くれぐれも無料系の出会い系や掲示板は使わないでほしい。

今、アメリカや日本で流行の兆しがあるフェイクポルノというリベンジポルノ被害を知ってるか?動画の顔部分をAI(人工知能)ソフトで首から下の体部分と合成して動画を作る方法だ。知らぬ間にホモにされる可能性もある。予防策と削除依頼方法を教える。

位置情報が自動的に削除されるSNS、出会い系など

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • メルカリ
  • PCMAX

マッチングアプリや出会い系での写メ交換をメール添付でする場合の盲点!うっかり忘れる!

メール添付

位置情報が自動的に削除されるSNS、出会い系でうっかりミスしてしまうのが、メアドなどに写真を添付して送る場合だ。

SNS、出会い系で知り合った相手と写メの交換をする場合はスマホ内に保存している写真を送る場合が多い。その時、「あれ?この写真を撮影した時はGPSはオフにしてたっけ?」などとは気が付かないものだ。

うっかり、そのまま送ってしまうケースが多い。後の祭りだ。そんな時に便利なアプリがExif情報を削除してくれるスマホアプリだ。

オレが試した中で使いやすかったExif(エグジフ)情報削除アプリを教える。

CHINTAI情報局 さんの「SNSにアップした写真から住所特定! Exif情報の危険性」も参考に読んでみてほしい。

Exif(エグジフ)情報削除(Androidアプリ)

Exif消しゴム

撮影日時、ジオタグ(撮影時の位置情報)、撮影機材の名前などが含まれる、画像ファイルのExifという情報を削除することができる。

タップして画像を選択するだけの簡単操作。Exif削除後の画像は、元画像とは別のファイルとして保存されるので、元の情報を消したくない場合も安心だ。

ファイルをアップロードする・他人に渡すなどの前に使うべきアプリ。

Exif(エグジフ)情報削除(iPhoneアプリ)

Exifビューアー Photo Secure(iPhone,iPad,iPod対応)

写真の住所やEXIFの表示や削除ができる。一度に複数の写真情報を削除できる。

画像中のプライベートな情報(位置情報、GPS情報、Exif)を表示・削除できる。

複数の画像のプライバシー情報を一度に処理可能だ。

画像情報(Exif)をテキストで見ることができる。

安全な画像をSNSシェアできる。 複数の選んだ写真を削除できる。

GPS機をオフにする(Androidの場合)Exif(エグジフ)情報を残さない切り方

撮影した段階で位置情報を記録しないようなiPhoneの設定方法。機種により多少の違いはあるが、概ね同じやり方で大丈夫だ。

  1. 上からスワイプして情報バーを表示させ左上の歯車マーク『設定』を選択する。
  2. ユーザー設定のメニューに位置情報という項目を選択する。
  3. この位置情報のメニューからON/OFFを切り替える事ができる。
    もしくは、画面スワイプから位置情報を設定することも可能。こちらの方が簡単。

GPS機をオフにする(iPhoneの場合)でExif(エグジフ)情報を残さない切り方

撮影した段階で位置情報を記録しないようなAndroidの設定方法。

  1. 「設定」アプリから「プライバシー」>「位置情報サービス」を選択する。
  2. 並んだアプリの中から「カメラ」を選択する。
  3. 位置情報の有無を選択する画面から「許可しない」を選択する。

ダウンロードしたカメラアプリを使う場合も、同様にしてGPSをオフにしておけば撮影場所が特定されることはない。

くれぐれも、スマホで撮影した画像を送る場合は気を付けてほしい。

顔写真から自宅住所が特定? スマホはGPSオフ!まとめ

顔写真から自宅住所が特定される? スマホでの撮影はGPSをオフ!をまとめておく。

  • スマホで撮った写真から住所が特定される危険。
  • スマホで撮影した写真には位置情報が含まれている。
  • スマホで撮影された画像はExif(エグジフ)形式で記憶。
  • Exif(エグジフ)の位置情報から撮影場所が特定される。
  • 問題はハメ撮り写真などをアップロードした場合。
  • 出会い系ではExif(エグジフ)は自動的に取り除かれる。
  • 危険なのは無料の投稿掲示板や無料の出会い系サイト。
  • Exif(エグジフ)情報削除(Android):Exif消しゴム。
  • Exif(エグジフ)情報削除(iPhone):Photo Secure。

ハメ撮り画像で自宅住所が特定される?

うっかりミスでネット上にも自宅が特定される画像がある。旅先や飲食店での写真なら住所が特定されたところで何の問題もない。

大問題になるケースは、エッチ系の写真だ。例えば、たとえ顔が写っていなくても、スマホのGPS機能がONの状態でハメ撮りなどを自宅でやっていればそのExif(エグジフ)情報から自宅住所は特定される。

マンションに一室だった場合は、そのマンションの住所までしか判明しないが、一軒家だった場合は確実に特定される。賃貸の一軒家なら引っ越せばいいが、持ち家だった場合は売却するしかないので現実的には無理だ。

その一軒家での卑猥な画像はネット上に残り続けることになる。夫婦のハメ撮り画像なら、その夫婦は知らぬ間に爆サイや5ちゃんで有名人になっているかも知れない。

メール添付で自宅住所が特定される?

出会い系などで知り合った相手とやりがちなのが、メール添付でスマホ内の顔写真を送る場合だ。自撮りの顔写真は自宅で撮影する場合が多いので、GPSをオフにしておかないとExif(エグジフ)情報に位置情報が書き込まれてしまう。

受け取った相手がExif(エグジフ)情報から撮影場所を特定するのは簡単だ。メールのやり取りでトラブって、ストーカーに被害に遭う可能性もある。

マッチングアプリなどで顔写真を送る場合は、過去の画像のExif(エグジフ)情報をいちいち調べるのは面倒なので、GPS機能をオフにして撮影したものを送ろう。 

大手出会い系では全てサイト内のメール添付で画像を送る場合は自動的にExif(エグジフ)情報は削除される仕組みになっているので心配いらない。

お気に入りに入れる
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.