生駒新地|ちょいの間で色気ムンムンの四十路巨乳美熟女と泊まりSEX!【体験談】

生駒新地|ちょいの間で色気ムンムンの四十路巨乳美熟女と泊まりSEX!【体験談】

生駒新地とは?

国の重要文化財など寺宝もある宝山寺の門前町の宝山寺新地は、昔のままの街並みが残り、「聖と俗は隣合わせ」の言葉がある通り、「生駒新地」と呼ばれ、旧赤線地帯の名残もある。最近は「宝山寺新地」と呼ぶ人が多い。

宝山寺新地の駅に着くと、看板があり14軒の旅館が記載されているが、実際に営業しているのは半分ほど。

 
そして「観光生駒」のアーチ風の門が現れます。普通の旅館も風俗営業の届をした旅館もあります。「生駒料理旅館組合」という料理組合がある。

「生駒料理旅館組合」これが、俗に言う”ちょいの間”だが、他のちょんの間では、馴染みならないとできない泊まりエッチが生駒新地では一見でも可能だ。

〒630-0266 奈良県 生駒市門前町10−1

今すぐ、PCMAXを試してみるなら、

ここをクリックして詳細を確認してほしい。

\\出会い系初心者がセフレを作りたいならこの記事を読め!【人気記事】//

生駒新地|ちょいの間で四十路巨乳美熟女と泊まりSEX!泊まり本番料金は?

生駒新地|ちょいの間で四十路巨乳美熟女と泊まりSEX!気になる泊まり本番料金は?

 
石田ゆり子似の四十路巨乳美熟女としっぽりデート
 
 
奈良県の山間部に、生駒新地と言われている一帯がある。
趣きある宿屋が並ぶ、ウワサのちょんの間ゾーンだ。
 
 
ここの一番のセールスポイントは、17時前後から朝方まで女の子と一晩くつろげる「お泊まりコース」のあることだ。
 
 
その間で、外出してそぞろ歩きをするもOK、街に下ってちょんの間嬢と一緒にご飯を食べるもよし、カラオケに行ってもよしの、まさに大人のしっぽりサービスといえるだろう。
 
 
気になる料金は6万5千円。いくらか値段は高いが、大都会の喧噪を離れて、夏場の疲労感を癒やすにはちょうど良いお娯楽かもしれない。
 
 
8月末、生駒の旅館に電話予約を入れた。
 
 
オレ「あの、泊まりで遊びたいんですけど」
旅館の女将「生駒は若い子いないんですよ〜。それでもいいですか?」
オレ「大丈夫ですオレ、熟女好きです。ww」
旅館の女将「では承りますね」
 
 
いくらか若めのちょいの間の嬢を手配をしておいてくれるらしい。
 
 
金曜の昼から、近鉄奈良線の生駒駅からケーブルカーに乗り継ぎて、お目当ての生駒ちょいの間を目指した。童心に返ったように景色にウキウキした。
 
 
 宝山寺駅でケーブルカーを降り、細道をあるくこと数十秒、アッという間に宿泊施設街が見えてきた。駅を降りると本当にすぐ出現する。
 
 
人通りはまるでなく、あたかも自分1人だけが昭和の時代にタイムスリップしたようなゴーストタウンのような不可思議な感覚に見舞われる。
まるで、つげ義春の世界観だ。
 
 
昨晩の激しい雨はあがったものの、 空模様は曇り気味。視野も霧に煙りよろしくない。
ツーリストもまばらだ。予約した宿のエントランスをくぐると、いち早く女将さんが現れた。 
 
 
「いらっしゃいませ、お待ちしてましたよ」
気品がある奈良弁の歓迎ぶりに、旅情感が急に増してくる。
そうだ、生駒に行こう!てな感じだ。
女将も色気がある。女将がいいかも?
 
 
「本日は遙々遠方から来てくれはって、ほんまにありがたいです」
 丁寧なお辞儀をされ、恐縮する。客間へと案内される。
 
 
「一番人気の眺めがいいお部屋を選んでおきましたから」
畳にはすでにお布団が敷かれており、枕が二個並んでいる。
ヤリ部屋感100%だ。
 
 
「今回の女の子ですが、40歳程度の愛嬌のある可愛い子ですよ。
気に入ってもらえたらなによりですけどねぇ」
 
 
女将さんが客間を出ていってから10分くらいして、ドアを叩くノックの音がした。
「失礼しまーす♪」やって来たのは、石田ゆり子のような胸の大きな中年女性だった。
 

泊まり本番のちょんの間嬢は石田ゆり子似の巨乳四十路美熟女

 
肌が透き通るように白い、色気漂う四十路美熟女だ。
「お客さん、今日こっち来たん?」
オレ「はい」
 
 
「あっ、名前はゆうこって言います」
オレ「どうも、はじめまして」
ウソ偽りなく、思いもよらぬ女性がやってきた。
 
 
「よろしく〜!  」「こんな年増でもかまへんの?」
オレ「ええ、お姉さんぜんぜん、年増じゃないですよ。素敵です。石田ゆり子さんに似てますね。」お世辞ではなく、大人の色気が男心誘うちょいの間の嬢だ。
 
 
この宿屋でも晩ご飯は食べることができるのだが、せっかくだし外出して恋人感覚をエンジョイしたい。そう伝えると、ゆうこさんが携 帯でお店に電話をかけてくれた。
 
 
生駒駅のあたりに行きつけの小料理屋があるらしい。
「じゃ、行きましょう」2人で旅館を出る。
 
 
てっきりもう一度ケーブルカーだと思っていたが、ゆうこさんが腕を組んできて言う。
「せっかくやから散歩していかへん?」指さしたのは、緑あふれる坂道だ。
 
 
「麓まで10分と少しくらいやし、歩かへん?」
それもありだ。プラプラ散策しよう。「階段あるから気ぃ付けてな」
「ここな、春は桜がめっちゃキレイに咲くんよ」「じゃあ春は混み合うんでしょうね」
「それがね、誰も来いひんから花見の穴場やねんよ」
 
 
左手にあるちっちゃい公園を彼女が指さす。
「春の季節になったらお弁当つくって、ワイン飲んで向こうの公園で花見しよっ」
「あはは、いいね、それ」「なのでまた来てなお兄さん」
こんなはなしのおかげで、また旅情があふれてきた。
 
 
坂を下りきったところで、ゆうこさんは一軒の小料理屋の前で立ち止まった。
「ここ。お魚がおいしいねん」中はカウンターのみのちんまりとした店だった。
「仕事忘れると困るから、お酒はそれほど飲めへんねん」
 
 
オレはビール、ゆうこさんはチリワインで乾杯だ。彼女お薦めのきすの天ぷらなどと焼きしいたけはどちらも最高の味だった。関西風のだし醤油が最高に合う。
 
 
「ああなんか楽しくなってきたわ〜」
彼女はニコニコしながら、ワインをグラスで5杯も飲んだ。
「楽しくなるとな、飲んでまうねん、うち」
 
 
店を出たのが夜の9時。さらにゆうこさんに手を引か れて、裏道のスナックに入る。
既に常連と思われる男性客4人とママさんがのんびり飲んでいた。
 
 
「ここな、いつも仕事終わりにいくスナックなんやけど、今日はもう楽しすぎて飲まんとやってられんから、飲んでもいいかな!」赤ワインを開けて再び乾杯だ。
 
 
「今日はな、ホンマに楽しいねん」ゆうこさんの笑顔にママが答える。
「ゆうこちゃんな、イヤなお客さんのときは酒なんて一滴も飲まんでずっと不機嫌にしてるんやで!  お客さん気に入られたな!」
 
 
酔ったゆうこさんがオレの腰に手を回してきた。
そしてこちらに近づき唇を尖らせて目を閉じる。
 
 
「チューして」の合図だ。
「うち40才やけど、どう?  おばちゃんかな?」
 
 
「いえ、全然、おばさんじゃないですよ、素敵すぎます!」
「あぁ〜ん、こっちにきて〜!  お兄さんが好きになりそうや〜。」
「私のこと、ホンマに好き?」「うん、好きです」
「ホンマ?」「はい」
 
 
「そんなら、ホンマのチューして」
あっさりと、何も言うことなく舌を絡ませた。
店の中だというのに、大胆 な俺たちをとがめる人はいない。
 
 
さらに密着して足と手を絡ませる。いちゃつきながら彼女の赤らんだ頬を見ていたら、股間が膨らんできた。ゆうこさんもそうらしく、オレの肩に頭をもたげてきた。
 
 
「あんな、はよエッチしたなってきた〜。もう、行かん?」
スナックを出て、タクシーに勢いよく乗って宿屋に戻ったのは夜の11時すぎだ。
 
 
畳の香りのする部屋に戻り、 腰に手を回して二人じっと見つめ合 ううちに、彼女から唇を預けてきた。舌を入れそれに応える。
 
 
「もう、ガマンできん…」   彼女は何回も、ディープキスを交わしてくる。
「じつはな、タクシーん中でもずっと濡れててん」
 
 
ならばとパンティの中に手を伸ばしてみる。人差し指をパンツと股の間に入れると…スゴい!
 トロットロに溶けてるじゃないか。
 
 
彼女の手もオレのパンツに割り込んできた。指がペニスの付け根の部分をやさしく撫であげる。ゆうこさんは真顔でオレの目をのぞき込む。
 
 
「もうあかん…」そのまま畳に押し倒した。上着を脱がし、胸にむしゃぶりつく。
乳首も乳輪も小さい。オレ好みのいいかんじのおっぱいだ。
さらに乳首を指でゆったりと転がしながら、小刻みにキスを重ねていく。
 
 
「もういっぱいいっぱい…」「どうしたっていうの?」「もう、やめて〜」
「…やめるの?」べっちょり濡れてるヴァギナに入っていた指を抜きかける。
 
 
「あっ、やめんといて〜」「だって止めてほしいんちゃうの?」
「ちがうねん、入れてほしいねん、おちんちん早う入れて!」   
 
 
身体の位置をかえた彼女は、ポコチンにむさぼりついてきた。
そしてようやくトロトロ~としたヴァギナにジンワリと生チンコをぶち込む。
 
 
暖かい。「アンッ…!マジににすごい…っ」ジワジワと、腰を動かしながら暖かみをさらに噛み締める。「もうマジに好きや!あかんっ」
 
 
こっちもだめだ、あまりの気持ち良さにピストン運動を続けられない。
「もうイキそうです…」「だめっ、抜かんで…っ!」ゆうこさんがオレの腰に両手をまわし、悶えながらも一心に目を凝視してきた。
 
 
中出し? 危ないやろ。「い、いっ、いくうッ~いいッ!奥まできてる!あ~もうだめ!」
そのあとすぐ、オレは彼女の腹にザーメンを思い切りぶちまけた。
すんなり眠ってしまったらしく、気が付いたときは、窓を朝光が照らしていた。
 
 
今日も生駒の空は薄曇りらしい。ランジェリー姿に衣裳チェンジたゆうこさんがテーブルの上で麦茶を入れている。
 
 
まるで新婚初夜の翌朝のような気分だ。麦茶を飲みながらテーブルの前であぐらをかいていると、ゆうこさんが後ろからオレの尻をつま先でつついてきた。
 
 
そして無言でオレの膝に頭をうずめ、甘えた表情でこちらを見つめてくる。
「もう一回、お願いっ!」
 
 
寝具にもぐり、昨日の夜とは一転し今度は手加減することなく乳ぶさを揉みしだく。
前戯もほどほどに、ヴァギナに手を伸ばしたら、なんということか、もう濡れまくっている。
 
 
「濡れすぎじゃない?」
「だってな、さっきまで昨日のエッチずっと思い出してたら濡れてきてん。ホンマに特殊体質や、うち…」
 
 
強烈なバキュームフェラで立たされたチンコは、朝から元気よく彼女のオマンコへと入っていった。まるで生き物のような穴の奥は、収縮を繰り返し息づいている。
 
 
ゆうこさんの息遣いが荒くなる。
ピストンを激しくすると、身をよじって、「ああっ、死ぬ~!お願いよっ、止めて!いやッ、いやッ、オメコが溶けちゃう!頭がっ…真っ白になる~っ!」
 
 
「ゆうこを好きだって言って~お願いっ!」
「ゆうこ!好きだ!大好きだ!」
「お兄さんが好き!ほんまに好きや!」
 
ゆうこさんの言葉に恋愛にも似た感情が脳を強烈に刺激して我慢ができなかった。

「ゆうこ!出る!」
「お兄さん、なかに、中にいっぱい出してっ!」
「いいのか」
「いいのっ、ゆうこのオメコの中にいっぱいちょうだいっ!」
「キスして!舌をちょうだい!」

ドバッ!と精液が出た。なんとも言えない気持ちよさだった。
余韻が続いた。ペニスは痺れたようにピクついている。
ゆうこさんも仰向けで天井を見つめて荒い息をしている。
 
 
数分ぐったりと二人で布団に横たわっていた。
「お風呂いこか?」
そうだ、昨晩はお湯に浸かっていなかったのだ。大浴場の更衣室に入って驚いた。
すでに宿泊客の浴衣と女性モノのランジェリーが置いてあるではないか。
 
 
ってことはもしかして…。ゆうこさんが浴場の扉をノックする。
「入りまーす」中から「どうぞ〜」という声が聞こえた。
 
 
入ると、40代後半くらいの熟女が、男の身体を流している。別の部屋の嬢と客だ。
思わず彼女の裸体をチラチラ見ていると、何かが引っかかった。
 
 
えっと…あれ?  この人どこかで見たような…。そうだ、思い出した!  
この人、受付の女将さんじゃないの!  この旅館、女将まで抱けるってことなの?
 
 
風呂のあと、和風の朝食を食べ終えたところで、別れは突如としてやってきた。
「あのな、私この場所でお別れなの」「え、そうなの」
 
 
身支度を終えたゆうこさんと見つめ合い、最後の口づけを交わす。
「お兄さん、ほんまに楽しかったわ。ぜったいまた来てな」ほんまにさみしそうな口調でそう言い残して、彼女は去っていった。
 
 
後ろ髪を引かれるとは、こんな気持ちのことなんだなとしみじみと感じた。
 
 
部屋の窓を開けると、生駒の山並みは完全に晴れ渡っていた。
そうだ!生駒へ行こう。

生駒新地|ちょいの間で色気ムンムンの四十路美熟女と泊まりSEX!感想・まとめ

やはり、泊まりでの女遊びはいい!生駒の熟女はいい!
まるで、分かれた恋人と生駒で再会して、一夜を供にしたような感覚だった。

ちょいの間と言えば短い時間で本番射精するものだが、こうして旅情感あふれる見知らぬ地で、色気漂う美熟女と肌を重ねるのは、同じちょいの間遊びでも格段の違いがある。

もう、15分、一発の遊びの世界には戻れないだろう。
「好きだ」と言ったオレの言葉は本心であった。
「好きよ、お兄さん」と言ったゆうこさんの言葉も本心だと思いたい。

たった一晩の逢瀬であったが、オレはゆうこさんを好きになっていた。
やはり、女遊びは体だけのものじゃない。

気持ちが揺り動かされるのが、本当の女遊びだ。
そんな当たり前のことを痛感させられた一泊二日の生駒旅であった。

40才を越えたあたりから、気持ちの動かない遊びに空しさを感じるようになっていた。
そうして、いつの間にか風俗遊びから遠のいて行った。

出会い系遊びをはじめたのはその頃だった。
出会い系には、オレと同じように、心が渇いた女が男を求めて彷徨っていた。

13年間で300人近くのそんな女たちと閨を供にした。
やっぱり、素人はいいんだよな。
オレはもう、好いた、好かれた感のない女との遊びはできない。

出会い系には、あんたを好きになってくれる女が待っている。

今すぐ、PCMAXを試してみるなら、

ここをクリックして詳細を確認してほしい。

\\出会い系の浮気・不倫人妻がコロナ禍で激増!//

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.