飲む、打つ、買うの三拍子揃った男は破産する!やめるならどれ?

飲む、打つ、買う


男の甲斐性?

これまで多くの破産者を見てきた。その多くは飲む、打つ、買うの三拍子が揃った男達だった。この3つの悪癖がある男は必ず破産する日がやってくる。

飲む、打つ、買うの少なくともこの3つの中の一つ、出来れば2つ止めることができれば、破産から逃れられる。どれをどのようにして止めればいいのか?

数多くの破産者を見てきた飲み屋のオヤジが教えよう。

飲む、打つ、買うとは?

現代の若い世代の男性には、この言葉は馴染みがないかも知れないので、一応解説しよう。「飲む、打つ、買う」の意味だが、まず、「飲む」はお酒を飲食店などで飲むことだ。これは誰でもやってることだな。

次に、「打つ」はギャンブルだ。「競馬」「競艇」「競輪」「オートレース」「パチンコ」などだ。

そして「買う」は性風俗産業だ。日本にはありとあらゆる風俗のサービスがある。本番行為ができる「ソープランド」「ちょんの間」フェラチオで抜く「デリヘル」「ピンサロ」手コキで抜く「イメージクラブ」「オナクラ」「添い寝リフレ」など。

裏風俗(非合法)になると、「デートクラブ」「交際クラブ」「本番ありのデリヘル」「連れだしスナック」など表の風俗にも劣らないほど多彩な形態の性サービスがある。

性風俗はこれでもかとカテゴリーが細分化され、日本は風俗天国とも言える様相だ。さて、「飲む」「打つ」「買う」で破産へ向かう男の遊びはどれなのか?

飲む、打つ、買うの中で一番破産に近いのは「打つ」ギャンブル!

ギャンブル


ギャンブルさえ止めれば破滅はない!

飲む、打つ、買うの中で一番破産に近いのは「打つ」ギャンブルだ。

ギャンブル依存による破産者は2017年(平成29年)68,791件の自己破産者の中で3.87%で2,662人いる。

一見、ギャンブルによる自己破産は少ないように見えるが、ギャンブルが原因で「生活苦・低所得」になった人たちも多数いるので、実際のギャンブルが根本原因よる自己破産はもっと多いことになる。

日本という国には実は恐ろしい国なんだ。こんなに公営のギャンブルで税収を取っている国は世界広しと言えど日本くらいのものだ。

そのうえ、今後はカジノなのだから、恐ろしさを通りこしている。日本はギャンブル依存大国なんだ。

自己破産

ギャンブル依存は依存症の中でも抜け出しにくい依存だ。ギャンブル依存になっている人は負けをギャンブルの勝ちで取り戻そうとするので、止めにくい。

また、つぎ込むお金に切りがない。飲酒や風俗遊びには体力の限界があるが、ギャンブルにはそんな抑止力が働かない。

借金してまでやり続けるのがギャンブルなんだ。よって誰かが止めてくれないと、延々とやり続けることになる。

またギャンブルは勝てば勝ったで祝杯を挙げ、負ければ負けたで残念会を開き、どちらにしても金を使うのだ。

勝ったお金を貯金できるような人は最初からギャンブルなんかしない。つぎ込むお金に切りがないギャンブルが一番破産に近いと言える。

飲む、打つ、買うの「飲む」アルコールでの自己破産は少ない

アルコール

一人ヤルのに数十万円?

飲酒には、体力の限界がある。破産する前に体が悲鳴を上げるからだ。飲酒での自己破産者は、お酒でお金を使ったから破産したのではなく、飲酒によって体を壊し、働けなくなって「生活苦」に陥り破産に至るのだ。

アルコール(浪費、遊興費)による破産者は2017年(平成29年)68,791件の自己破産者の中で5.97%で4,106人いる。

ところが、毎日アルコールを飲んだって高が知れているのだ。焼酎で人気の「赤霧島」なんかでも1.8リットルで2000円程度だ。

管理人の飲み屋でも赤霧島一升をキープすると4000円なので、キープ時のみ多少お金を使うが後は、酒の肴を二、三品注文しても、飲み代は1500円程度だ。

一升なんて毎日飲み干せる人はいないので、月の飲み代なんて毎日店に来て飲んで食っても5万円もいかない。

もっとも馬鹿らしい遊びは、キャバクラやスナックでの飲酒だ。キャバクラやスナックでは大体、お酒は原価の3倍~5倍程度がキープの相場だ。安いお店でも2時間程度遊べば18,000円程度は必要だ。

飲み屋の女を口説いてもヤレることはまずない。飲み屋の女は本来口説きにくいのだ。

使ったお金とヤレた人数を計算してみると、一人ヤルのに数十万円は使っていると思う。それなら、風俗行って酒飲む方がよくないか?

安い料金で若い女の子と飲めるガールズバーが人気だ。通って口説けばヤレそうな予感がしますが絶対にヤレない。なぜヤレないのかガールズバーの女子を分析して教えよう。さらにもっと簡単にヤレる出会い系の女子も教えてやろう。

飲む、打つ、買うの「買う」風俗遊びも破滅の可能性あり

ソープランド

ソープランドに2千万円?

風俗遊びも体力の限界があるので、どんなにお金があっても毎日なんて不可能だ。精液も一度出せば、二、三日はもういいだろ。

しかし、風俗遊びは一回が高い。週に一回デリヘルでも呼ぼうものなら、激安のデリヘル店でも60分で10,000円程度だ。

月にして10,000円×4回=40,000円だ。一年間このペースで遊ぶと40,000円×12ヶ月=480,000円です。軽自動車買える。

本番がしたくなり、ソープランドへ行くと一回の料金はさらに高くなる。

お店のランク総額の目安接客時間
超高級店80,000円~120分~180分
高級店50,000~80,000円110分~180分
中級・大衆店中級:40,000~50,000円
大衆:25,000~40,000円
90分~100分
格安・激安店10,000~25,000円40分~60分

入浴料1万円…サービス料2万円=総額3万円が平均相場だ。週に一回ソープ遊びをすると、一ヶ月では30,000円×4回=120,000円だ。

年間このペースで遊ぶと、120,000円×12ヶ月=1,440,000円だ。普通乗用車が買える。

一度、本番プレイに慣れると、デリヘルのフェラ抜きでは満足できなくなる。ソープへ行くのが癖になる。

管理人の友人でソープランドに4年間で二千万円使った剛の者がいるが、完全にソープランド中毒だった。一度味わったグレードはなかなか落とせないのだ。

風俗遊びも破産に近い遊びと言える。

男が生で中出し本番SEXがしたい時に真っ先に思い浮かべるのがソープランドだ。しかし、ソープランドには大きな落とし穴がある。HIV感染症(エイズ)感染の危険だ。性病の感染危険がない出会い系で人妻との生中出し割り切り遊びの方法を教えよう。

飲む、打つ、買うの中で止めるなら「打つ」と「買う」

ピースボート

止めれば世界一周できる?

「飲む、打つ、買う」で止めるなら、「打つ」と「買う」が正しい選択だ。一つだけ止めるなら絶対に「打つ」ギャンブルだ。

ギャンブルにさえ手を出さなければ、まず破滅することはない。馬やボートなんかに賭けるなら、自分に賭けろ!

自己投資が一番リターンの高い投資だ。あんたがもし、20代や30代なら、どうにかしてまとまった時間を確保して旅に出ろ。

ピースボートなら129万円で世界一周できる。

ピースボート航路
横浜 → 大阪 → 香港(中国) → シンガポール → コロンボ(スリランカ) → ポートサイド(エジプト) → サントリーニ島(ギリシャ) → ピレウス(ギリシャ) → カタニア(イタリア) → バレッタ(マルタ) → マラガ(スペイン) → タンジェ(モロッコ) → ポンタデルガーダ(ポルトガル) → ニューヨーク(米国) → ハバナ(キューバ) → カルタヘナ(コロンビア) → クリストバル(パナマ) → イースター島 → パペーテ(タヒチ) → ラウトカ(フィジー) → ブリスベン(オーストラリア) → ケアンズ(オーストラリア) → ラバウル(パプアニューギニア) → 横浜 → 大阪

129万円なんて、ギャンブルや風俗遊びならあっという間に使ってしまう金額だ。「打つ」と「買う」を止めれば、すぐに貯まる金額なんだ。

旅は消費を投資に変えてくれる。あんたの一生の財産になるだろう。

一番お金のかからない女遊びは”出会い系PCMAX”

精飲好き

”買う”から”狩る”へ!

「打つ」と「買う」を止めれば、有意義な自己投資ができることが分かってもらえた思う。それでもやはり女のいない世界は寂しいものだ。

風俗遊びをやめ、女を”買う”から出会い系で女を”狩る”への意識転換をできれば、お金なんか使わずとも女に不自由しない生活が待っている。

今更、出会い系かよ!と思ったあたんは思考が10年遅れている。現在の出会い系は昔とはまったく違うのだ。

スマホの普及でこれまで出会い系を利用していなかった女性たちが出会い系に参入してきているのだ。

特に女性の社会進出に伴って、ストレスを抱えた人妻が大量に出会い系で登録を始めた。今まさに出会い系では人妻が一番入れ食いなのだ。

男なら誰でもコンドームを付けたセックスよりも生で中出ししたいものだ。しかし現実には生で中出しさせてくれる女性はなかなか見つからない。生で中出しセックスは出会い系PCMAXの閉経した40代50代人妻で可能だ。中出しできる人妻の誘い方を教える。

出会い系でストレス過多の人妻登録が相次いでいる。出会い系に登録する女性で最も簡単に浮気や不倫相手、セフレにできるのは人妻だ。その中で特に口説きやすいのが、30代40代の人妻だ。人妻を簡単に落とす世界一受けたい授業を公開!

出会い系PCMAXで人妻と会う方法

出会い系で人妻を見つけるのは、あっけないほど簡単だ。女性会員のプロフィール検索でキーワード検索を使い「主婦」を選択するだけでよい。

キーワード検索

主婦

このようにいくらでも検索結果に出てくる。多くの女性が写メをプロフィールに掲載しているので、男性側も写メなしではメッセージを送っても返事はこない。

閲覧と送信
検索だけするのは何度やっても無料です。女性の詳しいプロフィールを見るのは一件10円です。その女性にメッセージを一通送ると50円です。合計60円と格安です。

出会い系の若い世代の女子は顔出しに抵抗がない。多くの女子がプロフィール画像に自撮りの顔写真を掲載している。社会的立場のある男性が出会い系のプロフィールに顔バレを恐れて顔写真を載せられないデメリットを軽減する方法を教えよう。

女性からの返信率を高めるには、男性側もプロフィールを作り込む必要がある。特に写メと自己PR欄には力を入れて作り込んでくれ。

多くの出会い系を利用している男性は、写メもいいかげん、自己PR欄も適当なので、ここに若干の手間をかければ、他の男を引き離すことができる。

人妻以外でも、女子大生や中退JK、OL、水商売のホステスなど様々な女性たちが登録して相手を探しているが、”いい女”は誰かに落とされて、出会い系を卒業して行く。

気に入った女性がいたら、躊躇せずにメッセージを送るべきなのだ。迷っているうちに、退会していなくなる。一期一会だ。

管理人が10年間利用している出会い系PCMAXは全国には女性会員が3,188,000人いる。三百十八万八千人だ!この人口は関西の神戸市と関東の川崎市の合計人口より多い。
 
 
PCMAX年齢別女性会員数
 年代 ( 女 )
10代 (70000人 )
20代 (1400000人 )
30代 (1000000人)
40代 (600000人 )
50代 (95000人 )
60代以上 (23000人 )

この”圧倒的な数の力”は一つの現象を引き起こす。その現象とは?”蓼食う虫も好き好き”現象だ。女性の好みは千差万別なんだ。

これだけの人口ボリュームがあれば、あなたのことがめっちゃタイプ!という女性がほぼ
100%の確率でいる。

管理人がモテだしたのは、この凄い数の女性たちに自己開示をしたという理由だけだ

「打つ」と「買う」を止めて出会い系で女を狩ってくれ。

管理人が10年間利用して1番多くの女とヤレたサイトがPCMAXだ。

アフィリエイト

出会いまでのレッスン!

PCMAXで出会うまでの必勝パターン例文!

出会い系サイトで女性と会えるか、会えないかはプロフィールの好感度に命運がかかっている。出会い系に登録して、まずやるべきことは、女性を検索することでも、メッセージを送ることでもない。好感度の高い会えるプロフィールの書き方を例文付きで教えよう。
出会い系で女性と出会うには、何が何でもファーストメール(一通目)を制する必要がある。なぜなら、ファーストメールで失敗すれば、セカンドメールはないからだ。返事が必ずもらえる効果的なファーストメールの書き方を教えよう。
出会い系で女性と実際に出会うには、女性に送るファーストメールが一番大事だが、次に大事なメッセージは二番目に送るセカンドメールだ。セカンドメールに返事がくれば、やり取りは続く。効果的なセカンドメールの書き方を教えよう。
LINEやカカオ、メアドをいつごろ交換申し込みをしたらいいのか、どんな文面のメッセージで頼めばいいのか、分からずに先へ進めない男性がいるのものだ。出会い系で女性とライン、カカオ、メアドを交換するための基本メール例文を教えよう。
大手出会い系はどこも登録後に電話番号と年齢を確認される。これは出会い系規制法を遵守している大手出会い系ならどこも共通して行っていることだ。なぜ電話番号の認証と年齢認証が必要なのか詳細に解説する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.