出会い系ではルックスの優先順位は低い!ブサメンにもチャンスあり!

出会い系では顔の悪さは致命傷にはならない!

ルックスの優先順位

リアルな出会いの場において、顔の良し悪しは大きな問題ですが、ことバーチャルな出会い系においては、さほど問題にはなりません。

管理人はひどい悪人顔なので、リアルな出会いではまったくモテたことはありませんが、出会い系で顔のせいで損をしたことは一度もないのです。

顔を公表できないので、説明が難しいのですが、よくVシネマの悪役に間違われます。

また、よく本物の怖いお兄さんがたから、「同業でっか?」なんて聞かれることがあります。

だから、「俺はブサメンだし、出会い系でもどうせモテないな」と思うのは早合点なんです。

顔が悪いから、女にモテないと言うのは単なる思い込みなんです。そんなくだらない思い込みはたった今捨て去ってください。

でも、やっぱり心配ですか?一念発起して出会い系を始めてみても、やっぱりプロフィール写真で嫌われるんでは? と不安になる人もいるかもしれませんね。

では、管理人がその不安を払拭して差し上げましょう。

コツさえ覚えてしまえば、顔に自信がない男性でも、出会い系でガンガン女性を口説く事は十分に可能です。今回は顔に自信がない男性でも女の子を口説くコツについて紹介します。

プロフィール写真が命!奇跡の一枚で奇跡を起こせ!

ブサメンにとって一番の障害になるのがプロフの写真です。

出会い系でも女子が必ず見る部分がプロフィールの写真です。ここに写真を掲載するか、しないかで大きくその後の女性との出会いが左右されます。

ブサメンは写真は載せない方がよいのか?否!やはり写真はないよりあった方がよいのです。
ブサメンで怪しまれるより、写真がないことで怪しまれる方がリスクが高いんです。

しかし、写真を撮って「うわ、俺ブサイク過ぎる…」と飽きれるのも事実。ならばどうすればいいのか?『奇跡の一枚』を撮るしかない!

そこでPhotoshopの登場です!とやったら最悪です。そんなことをすれば実際に女性と会いにくくなるからね。管理人は高校時代に写真部でした。
ロバート・キャパや沢田 教一に憧れていつか戦場へ行くのが夢でした。

だから、写真の撮り方は心得ています。奇跡の一枚を撮るコツをお教えしましょう。

その1、自撮りはしない。
自撮りはカメラアングルの自由度が損なわれます。三脚を使うという手段もありますが、行ったり来たりを繰り返すのも面倒です。誰でもいいので人に撮ってもらいましょう。

その2、極力自然光で撮る。
やはり一番いいのはフラッシュなどではなく、自然の光です。レフ版を使うなどの本格的な撮り方もありますが、自然光であれば問題ないでしょう。

その3、笑顔。これ大事です。間違っても指名手配のような顔はしないこと。
ブサメンには笑うと一段とブサメンになる男もいますが、そこはなんとかしてください。

その4、数を撮る。あなたが写真をお願いする人がプロの写真家ではない限り、数多くのショットを撮ってください。奇跡の一枚を撮るには数の力を借りるのがベストです。
場所を変え、光を変え、ポーズを変え、最低100枚は撮ってください。

その5、眉と整え、顔を剃る。たったこれだけで、あなたの顔の好感度は5倍になります。
自分でやるのが面倒なら床屋でやってもらいましょう。

これで奇跡の一枚を撮る準備はできました。後は神に祈りましょう。アーメン。

でも、奇跡の一枚を見た女性と、実際に会った時に、あれ、なんか違うと思われたらどうしよう?と不安なあなた、心配いりません。会うまでにメールのやり取りで信頼関係を築けば、さほど相手も気にしませんよ。ようはメッセージのやり取りをしてもらうためなんです。

女性側も写真は盛ってるはずなので、お互い様です。

出会い系では対面なしなので人見知りでも緊張とは無縁です。
楽しんでメッセージを送れば相手も楽しんでくれます。

ブサメンで顔にコンプレックスがあると、それが原因でコミュニケーション障害になる人もいますが、出会い系はテキストベースのやり取りなので、緊張しなくてもだいじょうぶです。

あなたの思いを文章に託せばその真摯な姿勢は相手の心に届きます。相手の女性のプロフィールを読み込み、相手が聞いて欲しいことを聞きましょう。プロフィールに趣味が料理とあれば、料理の話題をし、犬が好きとあれば犬の話題に触れる。簡単でしょ。あなたの頭で話題を考える必要はありません。

メッセージは相手のこと8割、あなたのこと2割でいいです。80対20の法則は宇宙の法則なので黙って信じてください。

メッセージはカッコ付けず、自然体で書いてください。受け狙いは、よほど相手のことを知らいないと失敗する可能性が高いの、最初はやらないほうがよいでしょう。

敬語の使いすぎ、馴れ馴れしい言葉の使いすぎに注意してください。何事も中庸が肝心です。

プロフィールや写真で相手の人物像をあなたの頭の中に作り上げてください。ただ漠然とメッセージを書くより、ディテールを思い描いた方が文章に厚みと真実味が出ます。そのイメージに向けてメッセージを書いてください。

メッセージは何時に送る場合でも極力昼間書いてください。夜に書いた文章はロマンティック過ぎる傾向があります。ラブレターを夜書いたことがある人は経験してますね、夜書いた文章を朝読むととてもじゃないけど出せません。

実際に会うまでは、相手の女性にあなたが危険人物ではなく、一般常識のある男だと思ってもらわねばなりません。このことを意識してメッセージを書いてください。

読書感想文を書くわけではないので、基本はあなたが楽しんで書くことが大事です。

もし、あなたが文章で相手の女性にあなた自身を売り込むことができれば、奇跡が起きます。
出会った二人はまるで何年も前から知ってる旧知の中のような親しい関係のように感じられるでしょう。語らずともただ笑って一緒にいられるような自然態で過ごせます。

相手の女性からラインIDの交換をお願いされるのが理想のやり取りです。管理人の経験則では7通目で一番多くラインIDの交換が可能でした。

文章の力はあなたのブサメンを補って余りあるものです。ぜひ、楽しんでメッセージを書き、メッセージの達人の域を目指してください。その時、あなたの人生に奇跡が起こります。
どんな奇跡なのかは自分の目で確かめてください。

出会い系を使いこなせば、人間関係の達人になれます。

この世で一番難しい学問は人間関係です。実に男の仕事の8割2分は人間関係の領域なのです。人間関係を制する者は全てを制するのです。

あなたは出会い系で遊びながら、この世で一番難しい人間関係のスキルを学ぶことができるんです。出会い系を利用していると、だんだんと人を見る目ができてきます。

落とせる女性と落とせない女性、援交目的の女、カネ目的の女、タダ飯喰らいの女、サクラ、業者といった利用者の見極めが簡単にできるようになってきます。

アプローチを繰り返し反復するうちに、やり取りのパターンが頭の中に構築されオートマチック的に最適な返信パターンを作り出せるようにもなります。

プロのナンパ師は、街ゆく女性の何気ない仕草や言葉から相手の思っていることを察する事が出来ます。これは全て経験の積み重ねによって会得したスキルなんです。

顔に自信がないブサメンが、女性との経験を積むことは現実的ではありませんが、出会い系であればハードルが低く恋愛経験の少ない男性でも、数をこなせば必ず経験値を上げることができます。

重要なのは、成功するまで辞めないことです。考えていても何も始まりません。行動あるのみですよ。

以下で紹介しているサイトが管理人が登録して10年利用している出会い系PCMAXです。

出会い系PCMAXは最大手ですので、個人情報の流出などもなく、安全に利用できます。

どこのサイトもキャッシュバック目的の女子やデリなどの業者がいますが、私の場合は来るメールは相手にせず、こちらから送るメールだけで交渉して遊んでいますので、業者やキャッシュバッカーとは無縁です。

経験上、PCMAXがおすすめです。 一番早く会えるのは出会い系は間違いなくPCMAXですので、無料ポイント(1000円分)で遊んでみてください。退会、解約もいつでも簡単にできます。

顔で男を判断しない女性は24時間、出会い系サイトを徘徊しています。早く見つけたもの勝ちです!

ブサメンでも出会い系なら顔のハンディキャップを補う方法があります。リアルでは顔で引かれてしまうブサメンも出会い系なら、実際に会うまでの時間を有効に使うことで、不利な条件をカバーすることができるのです。ブサイクでも出会えるコツをご紹介します。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.