割り切り、援助交際の女性、要注意!これで自宅がバレて脅される?

割り切りや援助交際女子を脅す畜生がいる!

出会い系を利用した、割り切りや援助交際は手軽なお小遣い稼ぎですが、気を付けないと悪い男の餌食になる事件がおこっています。

割り切りや援助交際は密室の中で男女が一定の時間過ごすことになりますので、女子は注意を払って自分の身を守らないと、危険な目に遭うことも珍しくありません。

最近、新たな手口の恐喝が密かに流行しています。その悪質な手口と予防策をお教えします。

知らない間にセックスを盗撮されている?

盗撮カメラ


割り切りや援助交際の証拠!

割り切りや援助交際でホテル内でのセックスを隠しカメラで動画撮影されていませんか?セックスプレイを盗撮しようとする男は女性がシャワーを浴びている隙を見計らって、見つかりにくい所にカメラを設置します。

スマホのカメラだけにに気を付けていても、盗撮を防げません。ベットの枕元のコンセントなどに写真のような一見充電器に見えるような隠しカメラを設置されている場合もありますので、注意が必要です。

この盗撮カメラにはWIFI機能があり、スマホに撮影した動画送り、保存することができるんです。録画された画像も人物を特定できるほど鮮明なんです。

あなたが男と話した会話内容も録音されます。つまり、あなたが、割り切りや援助交際をしている証拠を握られることになるのです。

この動画をネット上のアダルト動画サイトにアップロードされたらどうしますか?一度アップロードされた動画はコピーを繰り返えされ無限に増殖します。

もはや、ネット上から消すことのできないあなたの負の遺産が出来上がります。そうなってからではもはや、遅いのです。くれぐれも隠しカメラには注意してください。

男が持ち込んだバッグなどに隠しカメラが設置されている場合もありますので、よくチェックしてください。

幸い、この手のカメラには暗視機能までは付いていませんので、プレイ時には部屋の明かりを消せば、人物が特定できる動画にはなりません。

男から、明るい部屋でセックスしたいと言われても断固として断って顔バレする動画を撮影されるのを未然に防ぎましょう。

尾行されて、あなたの住所がバレる?

尾行

割り切りやっているのをバラすぞ!

出会い系で割り切りや援助交際をしている女子は、ある程度の危機管理意識はあると思います。

しかし、割り切りや援助交際相手とプレイが終わって、別れた後に注意していますか?

ホテルを出てから、あなたの後を着いてくる男がいませんか?後ろを振り返って確認してください。

割り切りや援助交際女子の住んでいる家を突き止めて、恐喝する悪人がいます。

セックスプレイを撮影した動画があると言って脅してくるのです。家を突き止められては、厄介なことになります。

賃貸マンションなどの借家なら、引っ越しするという手もありますが、あなたが実家住みなら、引っ越しは不可能ですね。

実家を知られてしまえば、親に割り切りや援助交際をバラすと脅されます。実家を知られることは何としても避けねばなりません。

割り切りや援助交際相手と別れた後は、くれぐれも尾行に気を付けてください。

知らない間に、あなたの住所がバレる?

GPS


GPSを仕込まれたら終わり!

尾行されていないのに、あなたの住所がバレるケースもあります。それはどんなケースでしょうか?それは、あなたのスマホにGPSアプリをインストールされた場合です。

あなたがシャワーでも浴びている隙を狙って、スマホにGPSアプリをインストールされてしまうと、あなたの位置情報は相手に常に確認されることになります。

スマホには必ずパスワードロックや指紋ロックをかけてあなた以外は解除できないようにしておきましょう。

もう一つの手口があなたのバッグなどにGPSを仕込まれた場合です。最近のGPSはとても小さいので気がつきにくいのです。

GPSをバックの中に入れたまま、あなたが自分の部屋に帰れば、ななたの住んでいる住所が相手のスマホの地図アプリに表示されてしまいます。

この時点では、建物などの特定だけです。しかし、割り切りや援助交際相手は当然、あなたの顔を知っています。次は玄関先近辺に潜んで、あなたがエレベーターに乗るところを確認するかも知れません。

そうなると、エレベーターの止まった階数表示から、何階に住んでいるのか特定されます。後は、郵便受けに入っているDMなどから、部屋を特定されるのは時間の問題です。

もし、あなたが一戸建ての実家住みなら、GPSの表示だけで、バレてしまいます。

恐喝されないためにあなたがやるべきこと!

盗聴発見器


盗撮、盗聴を見破る機器!

大事なことは、個人情報を徹底的に隠すことです。割り切りや援助交際をするホテルなどに身分証明書など個人を特定できるものを持って行かないことです。

あなたが、シャワーを浴びている時が一番危険なのです。バッグの中を漁られて個人情報を見られては恐喝のネタにされます。

あなたが、もし学生なら学生証などは絶対に持ち込まないでください。スマホも必ず、風呂場まで持って行きましょう。スマホは個人情報の宝庫です。データーを吸い取られてはどうにもなりません。

できるなら、スマホも私生活用と割り切り、援助交際用の二台持ちにして、私生活の情報が入ったスマホはホテルなどに持ち込まないようにしましょう。

万が一に備えて、相手と交わしたLINEの記録なども削除せずに保存しておきましょう。また上の写真のような盗撮、盗聴、GPS機器を発見する機器も販売されていますので、使ってみるのもよいでしょう。

盗撮、盗聴、GPS機器を発見する機器はアマゾンで2000円程度で購入できます。恐喝される危険を考えれば安い投資であることは間違いありません。

また、逆に男がシャワーを浴びている隙に、男の身分証明を写真に撮っておくのもよいでしょう。

総務省の認定を受けている出会い系は安全!

PCMAX
恐喝事件は無料の出会い系で起きている!

多くの恐喝事件は無料の出会い系アプリや掲示板で起きています。なぜなら、無料の出会いアプリや掲示板には本人確認も年齢認証もないからです。

つまり恐喝する側は、本人確認も年齢認証もない出会いアプリや掲示板なら、証拠が残らないのです。悪意を持って計画的に恐喝する男たちは無料の出会いアプリで出会い掲示板で待ち構えていますので利用しないようにしましょう。

大手出会い系サイトなら、本人確認も年齢認証も免許証やパスポート、健康保険証などで厳重に確認されますので、犯罪を犯すような男は使いません。

優良出会い系サイトは「総務省 電気通信事業者」を受けています。出会い系サイトでこの表記がないサイトは利用すると危険です。

もし、あなたが、恐喝に屈しなくても、セックス中の動画を隠し撮りされていれば、恐喝に失敗した男からセックス中の動画をネット上のアダルト動画サイトにアップロードされれば、もう取り返しはつきません。

あなたの顔が映ったエロい動画は、ネット上でコピーを繰り返され、無限増殖することになります。あなたは、リベンジポルノ被害の被害者になるのです。

鬼子が利用している大手出会い系PCMAXも「総務省 電気通信事業者」ですので、安心して相手を探すことができます。

恐喝やリベンジポルノなどの被害に遭わないためにも、運営歴の長い優良出会い系を使ってください。

管理人が10年間利用して1番安全に利用できたサイトがPCMAXです。

PCMAX

PCMAX

出会い系PCMAXは最大手ですので、個人情報の流出などもなく、安全に利用できます。

経験上、PCMAXがおすすめです。 一番早く会えるのは出会い系は間違いなくPCMAXです。

女性はすべてのサービスが完全登無料で退会、解約もいつでも簡単にできます。

 

管理人が二番目におすすめする出会い系サイトがハッピーメールです。

ハッピーメール

ハッピーメール

出会い系ハッピーメールは業界大手ですので、個人情報の流出などもなく、安全です。

管理人が二番目におすすめする安全な出会い系サイトがハッピーメールです。

女性はすべてのサービスが完全登無料で退会、解約もいつでも簡単にできます。

出会いまでのレッスン!

出会うまでの必勝パターン例文!

出会い系サイトで女性と会えるか、会えないかはプロフィールの好感度に命運がかかっています。出会い系に登録して、まずやるべきことは、女性を検索することでも、メッセージを送ることでもありません。会えるプロフィールの書き方を例文付きでお教えします。
出会い系で女性と出会うには、何が何でもファーストメールを制する必要があります。なぜなら、ファーストメールで失敗すれば、セカンドメールはないからです。返事が必ずもらえるファーストメールの書き方をお教えします。
出会い系で女性と実際に出会うには、女性に送るファーストメールが一番大事ですが、次に大事なメッセージは二番目に送るセカンドメールです。セカンドメールに返事がくれば、やり取りは続きます。効果的なセカンドメールの書き方をお教えします。
LINEやカカオ、メアドをいつごろ交換申し込みをしたらいいのか、どんな文面のメッセージで頼めばいいのか、分からずに先へ進めない男性がいるのものです。出会い系で女性とライン、カカオ、メアドを交換するための基本メール例文をお教えします。
大手出会い系はどこも登録後に電話番号と年齢を確認されます。これは出会い系規制法を遵守している大手出会い系ならどこも共通して行っていることです。なぜ電話番号の認証と年齢認証が必要なのか詳細に解説します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.